*

義経祭とは? 源義経ゆかりの地鞍馬山とは?

   

源義経と言えば、

言わずと知れた日本史のヒーローです。

そんな義経ゆかりの地で

行われる「義経祭」はちょっと変わっています。

 

・鞍馬寺で行われる義経祭とは?

鞍馬寺で義経がまだ

「遮那王(しゃなおう)」と呼ばれていた頃、

彼は鞍馬天狗に育てられたと言われています。

遮那王は鞍馬寺で仏法僧として一生涯を

終えるはずでした。

しかし彼は鞍馬寺を1174年に抜け出し

その年の3月3日の日に元服し

「義経」と名乗ります。

それからの彼は東奔西走。

31歳で没するまで活躍をして、数々の伝説を生み出しました。

そんな彼のルーツでもある

「鞍馬寺」

実は、この鞍馬寺には

「遮那王尊」として祀られていらっしゃいます。

その「遮那王尊」の御魂を慰め

源義経の業績をたたえるお祭が

「義経祭」なのです。

これは9月15日(火)の

11:00~から

遮那王尊が祀られていらっしゃる

お堂の前で行われます。

このお祀りのどこが変わっているのか・・・。

というと、戦場で活躍した武人らしく

祀られていらっしゃるお堂の前で

武道の演舞などが奉納されるのです。

笛や音楽が奉納されることはありますが、

武道が奉納が奉納されるというのは

珍しいことです。

さすが、武士!というところでしょうか。

源義経がお好きな方は

一度、訪れてみても面白いかもしれません。

 

鞍馬寺のもっと面白い情報はこちら

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/kurama-n1-015082602

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 京都観光