*

京都で一番古い寺はどこ? 聖徳太子ゆかりのお寺が最古なワケとは?

   

thumbnail_img_1821

 

歴史ある京都には、

たくさんのお寺があります。

そのお寺の中で、

どこが一番古いお寺なのでしょうか?

 

・京都で一番古いお寺はどこ?

京都には、創建されてから

2000年近い神社やお寺がたくさんございます。

その中でも、一番古いお寺というのは、

どこになるのでしょうか?

せっかくなら、一番古いとされる

お寺に行ってみるのも

面白いですよね。

京都で、一番古いお寺は、

おそらく

「広隆寺(こうりゅうじ)」ではないか。

と言われています。

こちらの広隆寺気になるのは、

創建された年ですよね。

それが

「603年」です。

これが、どれくらいの頃か。

平安遷都の200年も前に創建されているのです。

しかも、603年頃というと

仏教が伝わってきた最初期くらいに

広隆寺が創建されています。

当時、都は奈良にあったのに、

なぜ、京都にお寺が仏教が伝播してきた最初期に

創建されたのでしょうか?

創建には、こんなエピソードが

ありました。

603年に聖徳太子が

「私のところに仏像があるが、これを譲り受け

祀る者はいるか?」と臣下に言った所、

広隆寺を創建された

「秦河勝(はたのかわかつ)」が名乗り出て、

その仏様をご本尊にお寺を創建した。

とあります。

なので、聖徳太子とゆかりのあるお寺としても、

知られています。

実際、境内を歩くと分かりますが、

聖徳太子のお名前などが

随所にあったりします。

ただ、創建当時からこちらの地にあったわけではなく、

平安京遷都と共に、現在の太秦へと

移って行ったようです。

詳しいお話は、818年におきた火災によって、

全焼し、創建当時の建物や資料が

失われてしまったため、

詳細は分かりません。

しかし、どうやら京都で

一番最古であろうという事なんだそうです。

現在でも平安時代に造られた仏像などが並び、

最古に恥じない歴史の古さを感じさせてくれます。

そして、上記された聖徳太子から

下賜された仏像は現在でも見ることができます。

それが、国宝第一号に指定された

「弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしいぞう)」です。

日本で造られたものではなく、

アカマツという海外で造られた仏様であることが

分かっています。

そのことからも、聖徳太子から

下賜された仏様の一つではないか?と

言われています。

もし、京都で一番最古のお寺に行きたい!

となった時は、広隆寺ということを

覚えておいて、是非聖徳太子から

ゆずり受けたという仏様をご覧になってみては

いかがでしょうか?

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 嵐山観光