*

広隆寺は京都で一番最古のお寺? 拝観料はどれくらい?

   

https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000064

https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000064

 

京都市で一番古いお寺というのは

どこかご存知ですか?

それは・・・

 

・京都で一番古いお寺は?

居津押しで一番古いお寺は

「広隆寺」だと言われています。

この広隆寺は

拝観時間は

09:00~17:00の間です。

拝観料は

大人700円

高校生500円

中学生400円

小人400円となっています。

特に、休日・休館などは

無いようですので、時間内であれば、

見られるようです。

この広隆寺は、聖徳太子が関わったお寺として

知られています。

そして、この広隆寺には、

一番最初の国宝が眠っているのです。

それが「弥勒菩薩像(みろくぼさつぞう)」です。

東洋の美しさが全て詰まってるとも

言われるその姿には

多くの秘密があるのです。

実は、国宝に指定された

弥勒菩薩像には、見慣れない木材が使われているのです。

その木材は「アカマツ」です。

マツ?だったらどうして見慣れないの?と思いますよね。

実は、日本でアカマツを使った仏像は

ほとんど作られていないのです。

アカマツを使う仏像は、大陸のものがほとんどなのです。

つまり、この弥勒菩薩像は、海外からやってきた

帰国子女のようなものなのです。

国宝第一号が実は、日本ではなく海外から来ていた。

なんてちょっと面白いですよね。

そんな、海外からやってきた彼は、

数々の人々を魅了しているとか。

その細さ、かすかに微笑むようなお顔は、

ローマからの影響があるのではないか?

なんて言われています。

まさか、日本の国宝が遥か遠くの

ローマまで続いているとはなかなか

思えませんよね。

日本のどの仏様とも似ていないとも

言われており、ここ独特の

仏様。

つまり、ここに来なければ、

一生見られない。

そんな珍しさを秘めた仏様でもあるのです。

少しでも興味が出てきた方は、

是非、ご覧になってみては

いかがでしょうか?

 

京都で一番古いお寺と聖徳太子の

知られざる秘密とは?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/kouryu-s1-015100902

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 京都観光