*

10月の京都は夜がおすすめ? ライトアップが美しいお寺2選

   

出典:http://find-travel.jp/article/575

出典:http://find-travel.jp/article/575

 

10月の秋の夜長に

夜の京都を散策して

お庭でも見てみようかな。

なんて旅行プランはいかがでしょうか?

 

・どこに行ったら良い?おすすめ2選

10月の京都では色々なところが

ライトアップが行われますが

おすすめなのは

「高台寺(こうだいじ)」と

「青蓮院(しょうれんいん)」です。

なぜ、この二つ?と思いますよね。

この二つは、ライトアップだけでなく、

紅葉も楽しめるスポットなのです。

 

「高台寺」

高台寺は、豊臣秀吉とその妻ねねの

ゆかりのお寺です。

妻ねねが秀吉の霊を慰めるために

建てられたお寺が高台寺だと言われています。

そのため、美しい庭園や建物が現存しており、

特に臥龍池(がりょうち)と呼ばれる池は

とても奇麗です。

これがライトアップとなれば、

湖面に紅葉した赤が映え、鏡のように

紅葉を映し出します。

その姿は、幻想的で、少しファンタジーの

世界に来たみたいです。

 

「青蓮院」

青蓮院には有名な「絵」が残されています。

これを語らずに、ここのライトアップを

伝えることはできません。

ここに残る一つの絵

それは「青不動」と呼ばれる

青い顔をした不動明王の絵です。

どうして青色の不動明王だと有名なの?と思う

かもしれません。

実は、不動明王には5色の色で分けられることがあります。

それぞれ、青・黄・赤・白・黒です。

その中で、青色は中央に位置し最上位、

中心にすえるべき色だと言われています。

それだけ、権威や迫力があるということなのでしょう。

そうした事で青蓮院に残る「青不動」が

とても有名なのです。

そして、青蓮院のライトアップその色と

同じ色

青色がふんだんなく使われています。

暗い夜を照らすのは青い光です。

まるで感覚としては夜空の上を歩いているような

星空の中を闊歩しているような感覚です。

こちらも幻想的な雰囲気に包まれます。

そして、10月の下旬からは

その青色の中に赤色が混じるのです。

そう、紅葉の赤です。

赤と青のコントラストを楽しめる

ライトアップとなっています。

中央、最上位の色として使われる

青色と、この季節にだけ楽しめる

鮮やかな赤い色。

是非、このコントラストを楽しんでみてください。

 

高台寺に隠された

密かな夫婦愛とは?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/koudaiji-n1-015091802

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 

 - 京都観光