*

3月2018年の京都で混雑しないで拝観したい人に勧めたいお寺や神社は?

   

3月に桜が咲き始めるにしたがって京都に訪れる方が爆発的に増えます。そこで恒常的に発生するのが「混雑してぎゅうぎゅう状態」です。どこも混雑しておりなかなか思うように観光できなくて予定時間を1時間オーバー!何てことも。

 

 

 

後ろに予定が無かったら良いですが、ご飯を予約していたりしたら大変。慌てて向かったりイライラしてしまったり、最悪の場合予約をキャンセルしなければならないですよね。そんな事にならないように今回、どこが混みやすいのか、どこが混雑しないのか、しっかりと予習しておきましょう!

 

 

 

・3月の京都で混雑しないスポットとは?

3月の京都で混雑しないスポットというのがあります。3月の京都で混雑しているスポットとは桜の名所という風にご案内させていただきましたが、逆に混雑しないスポットというのは、桜があまり有名ではないところということになります。

 

 

 

そうしたところでは、比較的混雑しないスポットになってくると思います。具体的に3つあげさせていただくと

「東福寺」

「随心院」

「貴船神社」

このあたりをオススメさせていただきたいと思います。

 

 

 

「東福寺」

東福寺には有名な逸話がありまして、桜の木が一本もないお寺として知られています。というのも、その昔、東福寺のお坊さんが修行していると外が騒がしくなってくるのです。どうしてかと外に出て見ると、皆さんが東福寺の桜を目当てにして観光にきていたのです。お花見も始まっていました。お坊さんはそれを見て「修行に集中できないじゃないか!」ということで、境内に咲いていた桜の花を全て切り倒してしまったんだそうです。それから東福寺では桜の木が一本もなく、春に桜が咲かないお寺として有名なのです。

 

 

こんな逸話があることから、春に東福寺を訪れる方は比較的一年を通してみても少ないです。もちろん桜を目当てにきていない方もいらっしゃいますからがらーんと静かな中、拝観できるということではありませんが、比較的に他のお寺や神社よりも静かに拝観することができます。

 

 

 

東福寺は、その代わりほとんどの木が紅葉になっており、春から夏にかけて青紅葉がとても奇麗に見ることができるんです。赤くなった紅葉も美しいですが青々しいフレッシュな紅葉も新鮮でエネルギッシュで一見の価値ありですよ。せっかく京都に来られるのですからゆっくりと青紅葉をご覧になってみるというのはいかがでしょうか?

 

 

 

「随心院」

随心院は伏見区にある小さな神社です。こちらも桜ではなく「梅」が有名なお寺になります。なので桜のシーズンになると比較的に静かに拝観することができます。随心院の歴史は古く平安時代からすでにこちらの地にあったと言われています。

 

 

こちらのお寺には絶世の美女で有名な「小野小町」が住んでいたと言われています。どれくらい美女でモテモテだったのかというのがここ随心院でみることができるのです。え?どういうこと?なんて思いますよね。随心院には「小野文塚」というものがあります。この塚は小野小町が自分によせられた千通のお手紙を埋めた場所だと言われています。

 

 

 

えー!!千通ということは一人一通だったとしても千人から言い寄られていたという事?なんて思いますよね。それくらい当時、小野小町はモテモテだったのです。もうびっくりしますよね。この手紙を埋めたとされる文塚でお願い事をすると恋文上達、文章上達、恋愛成就などが叶うと言われています。もし、お心当たりある方は、せっかくですから絶世の美女にあやかってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

「貴船神社」

貴船神社は左京区の北にあります。貴船神社は山間にあるため、3月の時点で桜が咲く事はほぼありません。ということでこちらは桜がまだ咲いていないということで、比較的混まずに拝観することができます。こちらの神社は古くから水の神様がいらっしゃる神社として有名です。雨乞いや雨をはらすのもこちらにお願いしに来ていたそうです。今では恋愛成就のお願いする方が後を絶たないそうです。

 

出典:http://kifunejinja.jp

 

というのも、貴船神社にいらっしゃいます「磐長姫(いわながひめ)」という女性の神様が恋愛を叶えてくれると有名なのです。こちらの磐長姫はその昔、日本神話に登場する神様なのです。ある日妹が婚約者を連れて来たのです。するとお父さんは、姉である磐長姫もその婚約者と一緒に結婚させようとするのです。

 

 

 

つまり、妹と姉、一緒に妻になるということです。するとその婚約者の方は妹だけを選んで妻にしたそうです。重婚は普通にできる世界であえてしなかったのは自分の容姿が鏡と折り合いが悪いからだと嘆き、親のもとからも離れて貴船までやってきたんだそうです。そして、これからは「私は結ばれなかったけれど、私のところにやってくる方には縁を授けよう」といって、縁結びの神様として貴船にずっといらっしゃるんだそうです。

 

 

 

 - 京都観光