*

清水寺の紅葉は昼と夜、どちらが良い? ライトアップと特別拝観両方行きたい!

   

出典:https://instagram.com/p/v5wOzaGWYV/?taken-by=feel_kiyomizudera

 

 

京都の観光と言えば、清水寺を推す方も多いのではないでしょうか?もうすぐ紅葉の季節です。京都のお寺や神社ではたくさんのスポットでライトアップが行われることがあります。清水寺もライトアップが行われるのです。

 

 

 

この場合、お昼と夜、どちらに行くのが良いのでしょうか?せっかくなら自分にピッタリだと思う時間に行きたいですよね。今からお昼と夜、それぞれの特徴をご案内させていただきますので、よろしければ、ご参考下さい。

 

 

 

・清水寺の紅葉はお昼に見るか夜に見るか。

清水寺といえば、京都の中でも一位二位を争うくらいの観光スポットでもあります。もちろん紅葉も美しいことで知られています。清水寺は崖っぷちギリギリに建てられています。だからこそ清水の舞台が生まれ、その崖ギリギリの立地だからこそ木々に囲まれ美しい紅葉を楽しむことができるのです。

 

 

 

・清水寺の紅葉をお昼に見るメリットとは?

そんな一位、二位を争う清水寺の紅葉をお昼に見るか夜に見るかという問題です。まずは、お昼の時間をご覧になってみましょう。昼の部はほぼ365日特別な理由がない限り誰でもご覧になることができます。

 

 

 

お昼の部は10月1日から11月11日までは06:00~18:00まで拝観することができます。11月11日から12月3日まで06:00~17:30まで拝観することができます。期間によって多少前後するので気をつけてお越し下さい。

 

 

 

特に終わりの時間が変わるので、時間に余裕がないとゆっくりとご覧になれる時間がとれないかもしれないので、注意してくださいね。30分だけ短くなりますが、やはり30分あれば結構変わりますからね。

 

 

 

お昼に特出してお話したいのは朝の時間帯のことです。先ほど拝観時間をお伝えさせていただきましたがそれから分かるように非常に早い時間帯から拝観することができます。朝6時から空いているというのは面白いですよね。

 

 

 

もし、どうしても秋の紅葉の時期に清水寺に行ってみたいけど混雑するのは絶対にイヤだ!という方がいらっしゃいましたら絶対にオススメしたいのが朝の時間帯です。確実に人は少ないですしゆっくりと楽しむことができるからです。

 

 

朝のひんやりとした空気の中で、白い息をはきながら紅葉をご覧になるのも旅の醍醐味の一つなのかもしれませんね。清水寺で参拝が終われば気を取り直して朝ご飯というプランも面白いですよ。少し歩いて体が目覚めたら朝食をより美味しく食べることができるのではないでしょうか。

 

 

お昼の時間帯は、10:00~15:00がピークとなります。混雑する中拝観するのがあまり得意ではないという方はこの時間帯を避けて清水寺へいらっしゃるとあまり疲れなくてすむかもしれません。

 

 

 

お昼のメリットは06:00~18:00(17:30は11月11日から12月3日)までの間とかなり長い時間拝観することができる事です。自分の都合でおおよその時間を決めたり他の予定をいれやすいということがあります。

 

 

 

また、先ほどもご案内させていただきましたが、06:00から拝観することができるので清水寺をゆっくりとご覧になりたい場合はオススメです。やはり混雑をせずに見たいという方は多いかと思いますので、朝早く見られるというのはメリットですね。特に写真などをお撮りになる方は紅葉して静かな清水寺を撮りたいのではないでしょうか?

 

 

 

・清水寺の紅葉を夜に見るメリットは?

清水寺の紅葉を夜に見るメリットはなんでしょうか?清水寺の夜の拝観期間と拝観時間を先にご案内させていただきます。

 

 

 

11月11日~12月3日(秋の夜間特別拝観)の17:30~21:00の間となっています。先ほどの昼の部と比べると夜の部はどうしても時間が短めになっています。しかしそれでも21時まで空いているのは嬉しいですよね。

 

 

 

お昼は自由に他のお寺や神社などに赴いて、その日のフィニッシュとして最後に清水寺へ参拝に行くというのがモデルコースかもしれません。せっかくの京都の秋です。他のお寺や神社と紅葉を比べてみるというのも趣があって良いですよね。特にこの季節にだけしかできない事ですから。

 

 

また、夜間拝観は一年を通しても季節限定でしか行われません。普段は行われていませんのでこの期間中に行かれる方は是非とも見ておいて損はないと思います。特に私は夜のお寺などはどんなところなのだろうかとワクワクしてしまう方なので夜間拝観などはつい行ってしまうんです。

 

 

昼間とは違う雰囲気が出ていて、なんだかいつもと違うワクワク感があります。清水寺ではライトアップを実施しており光の柱が奇麗なんです。この光の柱は遠くからでも分かります。東山を見ると光っているのが分かりますよ。それを見て、あっ!ライトアップが始まったなと思って清水寺に行きたくなります。

 

 

 

紅葉も夜の明かりの下で見るのと昼間の陽の光りの下で見るのとでは少し趣が違います。どちらが良いかはお好みかもしれません。両方ご覧になって比べてみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

 

夜の拝観のメリットは時間を決めやすいということです。夜から拝観できるのでお昼の時間をまるまる他の観光などに使うことができるので時間を決めやすかったりします。また、期間限定なので普段入ることのできない特別感などを味わうことができます。

 

 

 

一度、清水寺に訪れたことがある方でも夜に行けばまた違った雰囲気を味合うことができます。これが夜間拝観を見に行くメリットです。

 

 

 

・清水寺が工事!!?気をつけておきたいこと

2017年に清水寺を拝観しようという方にはあらかじめお伝えしておかないといけないことがあります。それは、清水寺が現在進行形で修復工事を行っているということです。そして現在は清水の舞台を含む清水寺の本堂を修復中なのです。えーー!ということは全然見ることができないの!!

 

 

と、思っていらっしゃる方は大勢いらっしゃるかと思います。分かります。そうですよね。清水寺と言えば、清水の舞台が一番有名ですからね。そこがもしかしたら見れないとなると悲しいですよね。確かに本来の姿のままご覧になれるわけではありません。しかしこの期間にしか見られない特別な光景も見ることができるのです。

 

 

 

本堂の修復をするにあたり、一度屋根を外したり木をめくったりします。その際、私たちが一度も見たことがないような清水寺を見ることができるのです。あの大きな茅葺きの屋根の中を見たことがありますか?私ありません。この修復工事の期間中に行かなければ一生見られないと思います。次の修復工事は60年~100年後なのではないかと言われていますから。

 

 

 

ということは、逆に今に見れてラッキーということも言えるのではないでしょうか?確かに本来の姿を楽しむことはできませんが、逆手にとって今しか見ることができない光景を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 - 京都観光, 紅葉