*

北野天満宮のお守りの種類と効果とご利益とは? 菅原道真が受験生の強い味方な理由をお答えします。

      2018/04/18

スクリーンショット 2015-09-02 16.09.01

 

北野天満宮といえば、受験生の強い味方として知られていますよね。

今年受験を控えたお子さんのためにお守りが欲しいと思っていらっしゃるのではないでしょうか?せっかく北野天満宮に行くなら事前に自分のお子さんにとって合格に一番効果のあるお守りはどれか知っておきたいですよね。事前に知っておくと、現地に行った時にスムーズにお求めになれると思います。そして、お守りがどうして受験生の強い味方な理由をご案内します。

 

・北野天満宮で学業成就に効果のあるオススメのお守り種類と値段は?

北野天満宮には学業成就のお守りは7種類あります。他の神社に比べてもその種類は豊富ですよね。しかしたくさんあっても、逆に迷ってしまいます。そこで、今回は学業に効果のあるオススメ3種類をご案内します。

 

1つ目は価格を押さえつつ学業の効果も期待できる定番のお守りです。

やはり最初はスタンダードなお守り。白い巾着に金文字で「北野天満宮」と書いてあるだけ。このシンプルさがオススメです。デザインも奇をてらったりしていないので、誰もが知ってる形です。お子さんにあげても喜ばれますよ。もちろん学業の神様のおかげで学業の効果もばっちりです。こちらは初穂料700円とリーズナブルにお求めいただけるお守りです。

 

2つ目は、最も効果が期待できるお守りです。

桐箱に入れられた高級感のあるお守りです。お守りの袋には梅が描かれています。梅は菅原道真が愛していた花です。お守りには神様が寄ってきやすいとも言われ、その為に願いが叶いやすいなんて言われています。もし、お守りに梅の花などが描かれていたら、学問の神様が寄ってきて、合格に導いてくれるかもしれませんね。こちらの初穂料は2000円となっております。

 

3つ目は受験にかかせない筆記用具のお守りです。

最後にご案内するのは、受験するに必ず用いる鉛筆のお守りです。お守りは普段、身につけるものにおつけになって、この鉛筆で本番の試験に臨むというのはいかがでしょうか?試験の時に使えるお守りとあって人気が高く、緊張しがちな試験に持っていたら効果も高そうですよね。緊張が和らいだり、心強い気持ちにさせてくれそうです。この鉛筆のお守りは6本入りで初穂料が800円となっています。

 

この3種類がオススメです。是非ご検討されてみてはいかがでしょうか?

ところで、なぜ北野天満宮の菅原道真のお守りが受験にとても効果があると人気のある理由を知っていますか?

 

・菅原道真はどうして学問の神様で受験生の味方なの?

菅原道真といえば、学問の神様として受験生の強い味方として知られています。ご生前、つまり生きていた時代は、人間として暮らしていました。人間が神様になるって、スゴいって思いますよね。どれくらいスゴかったのか、こんなエピソードがあるのです。

 

彼は、受験の神様と言われるくらい勉学に優れ、とても優秀な人物でした。

それは、幼い頃から変わらないようでです。

 

こんなお話が滋賀県に残っています。羽衣伝説というお話で、平安時代に琵琶湖のほとりにある川並という場所に桐畑太夫という漁師が住んでいました。桐畑がある時、天女と出会います。あまりの美しさに結婚を申し込み、結婚します。しばらくして子どもが生まれ、「あこ」と名付けられました。しかし、母親である天女が天の国に帰ってしまいます。母が突然いなくなってしまった幼子を哀れんだ父はお寺に預け、養育されたそうです。その後、菅原是善の養子になったそうです。そうしてこの子どもは菅原道真という名前をいただいた。

というお話が残っているそうです。実はその天才ぶりを発揮できたのは、彼が天の国の天女との間にできた子どもだったから。つまり、半分は天の国の人だから、勉学が得意なのだ。というお話のようです。

 

そんな天女との間の子である菅原道真はなんと5歳という幼い年齢にも関わらず和歌を読み、その出来を評されたと言われています。

 

「紅の花紅の路にも似たるかな あこ(菅原道真の幼名)のほほにつけたくぞある」

 

という和歌を読みました。5歳で、和歌を読めるのえすからスゴいですよね。私が5歳の頃は、泣きじゃくっていただけのただの子どもだったのに、菅原道真は、和歌を読み、その天才ぶりを発揮していたようです。

 

そして、11歳の頃にはこんな漢詩を読んでいます。

 

月の輝きは晴れたる雪のごとく

梅の花は照れる月に似たり

哀れむべし、金境転じ

庭上に玉房の馨れるを

 

という漢詩を作り絶賛されています。

 

すでに天才という名を欲しいままにしていた彼は、11歳で大学に通い始めました。当時、平安時代の大学は普通は13歳以上で入学するものなのですが、飛び級で参画することになるのです。この大学に入るというのも、エリート中のエリートで、東京大学や京都大学のように、学生という身分の方にとって、最難関であったのです。それを、11歳という若さでくぐりぬけたのですから、学問の神様というのもうなずけますよね。

 

その後、18歳で文学部の国家試験に合格し、当時の最年少記録を更新したそうです。この試験に合格したことにより、位を得ることになります。現代で言うなら、今度は「方略式」という試験に一発合格。この試験は年に一度実施されますが、合格者が出るのが、5年に一度ほどいうほど、めちゃくちゃ難しい試験なのです。それを一発でクリアしてしまうのですから、本当に天才だったのですね。

 

さらに彼は、学問や詩歌において天才だっただけでなく、モテモテだったのです。彼の天才的な詩歌の才能は当時、恋愛に必修だったとも言われ、そうした環境もあってか、相当にモテていたのです。現代でいえば、話がスゴい面白いエリート官僚。といったところでしょうか?そりゃあ、モテますよね。ということで、彼には正妻がいましたが、他にもたくさんの妻がいたのです。当時は、何人も妻をつくることができたのです。こうして、数人の妻をもっていた菅原道真は十数人の子女をもうけているのです。学問もできて、歌も上手い、お話が面白くてエリート官僚。まるで完璧で、どこにも隙がないエリート。かと思いきや、実はそんな彼にも挫折がありました。

 

それが、福岡への左遷です。

 

当時、都で仕事をして彼ですが、どうしても優秀すぎて妬まれてしまったのです。そして、妬まれてしまった彼は、何かと理由をつけられて、福岡に左遷されてしまったのです。彼は、その事を嘆き、北野天満宮にあったお気に入りの梅の木に

 

「東風吹かば匂いおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」

 

という歌を詠みました。これは、現代でも伝わる有名な和歌となりましたね。その後、福岡に行ってしまった後も、その梅は、菅原道真に恩義を感じて、福岡まで飛んで行った。といいます。これが飛梅伝説です。もしかしたら、天女のハーフでもあるので、その力が発揮されたのかもしれませんね。今でもその飛んで行った梅の木というのは福岡の太宰府天満宮にございます。もし、九州の方がいらっしゃいましたら、太宰府天満宮に行って確認してみると、面白いかもしれません。

 

さて、彼は左遷された後も、その地において大活躍したそうです。その中でも飛び抜けてスゴい!と思わせるエピソードがあります。そのエピソードとは・・・。

 

ある方が、願文を書いて欲しい。と彼の元に伺います。しかし、菅原道真はとても眠かったのです。どうしよう。と考えあぐねた末に、「寝言でもいい?」と言い始めたのです。この発言におもわず「え?」と聞き返してしまいます。しかし、彼は、そのまま寝てしまい、

「え~、どうしよう」なんて思っていると、本当に寝言で願文を言い始めたのです。もう、寝言でも仕事ができるなら、本当に本当に天才というか神様ですよね。そんな天才ぶりがあってか、怨霊となったにもかかわらず、現代でも、天才として学問の神様として慕われているのです。

 

・京都駅から北野天満宮までのバスやタクシーでのおすすめのアクセスは?

京都駅から北野天満宮までの行き方は市バスか、タクシーをオススメ致します。

 市バスをご利用される場合の所要時間は50分ほどです。

料金は230円となっております。

まず、京都駅から市バスのバスターミナルへと移動していただきます。

バスターミナルは新幹線の八条口ではなく、京都タワーやグランビアホテルのある京都駅正面の1F中央口を目指して下さい。

京都駅から銀閣寺に1本で向かうおすすめのバスは、2つあります。一つはのりばB2から発車する50番のバスです。22駅先の北野天満宮前で降りてから、徒歩で約5分程度です。(300メートルくらい)

もう一つのバスは、B3乗り場から発車する205番です。20駅先の衣笠高前で降りてから、徒歩で約10分程度です。(700メートルくらい)お時間に合わせてご利用下さい。(平成29年1月20日現在)

京都駅のバス乗り場の地図は下記の画像をクリックして下さい。
京都駅バスのりば

北野天満宮前や衣笠高前でバスを降りた後の北野天満宮までの道のりは下記リンクをクリックして下さい。https://goo.gl/maps/MFg2k7WJ8r92

https://goo.gl/maps/gwF3FpT9D142

せっかくの京都旅行なので、バスの待ち時間や、他の停留所に停まる時間、降りてから歩く時間を短縮して観光の時間にたっぷり時間を使いたい方、また、時刻表を調べたりする手間や歩く距離を減らして体力を温存したい方には、タクシーがオススメです。

小型タクシーの料金の目安は2300円前後です。

京都駅前にはタクシー乗り場がございますので、そちらにご移動していただきまして、タクシーにご乗車ください。

そうしますと北野天満宮前まで30分ほどで到着致します。

 

単純な移動に2000円の支払いはもったいない!、
そんな方には、運転手つきの車をチャーターすることもできます。
行き先のルート調べや、荷物から綺麗さっぱり開放されたい方におすすめです。

 

 

 

 - 京都観光