*

北野天満宮で3月まで公開! 貴重な源氏重代の太刀とは?

   

出典:http://kitanotenmangu.or.jp/info/news/学問の神・驚きの【宝刀展】平成28年1月23日(.html

出典:http://kitanotenmangu.or.jp/info/news/学問の神・驚きの【宝刀展】平成28年1月23日(.html

 

北野天満宮では

3月下旬まで

「宝刀展」が公開されます。

そこには、貴重な

重要文化財が公開されます。

 

・特別に公開される「源氏重代の太刀」

北野天満宮には、重要文化財が何点か

存在しています。

その中の一つに

「髭切(ひげきり)」という刀があります。

この髭切という刀はとてつもなく

凄い刀なのです。

まず切れ味は、試し切りをしてみたところ、

スパッと髭までばっさりと

切れてしまったから

「髭切」という名前を与えられたそうです。

さて、この髭切はどのような刀なのか、

気になりますよね。

髭切は、

「源氏重代の太刀」と呼ばれ、

代々、源氏の元にあり、あの

鎌倉幕府を作り上げた源頼朝も

手にしたと言われた太刀です。

なんと、この刀は妖刀と呼ばれ、

その昔「鬼」を切ったことがあると

言われるほどです。

そこで名付けられたのが「鬼丸」という名前だそうです。

伝奇や言い伝えによると平安時代頃から

存在していたようで、

大江山の酒呑童子という鬼を退治した際にも、

この刀が使われたと言われています。

鬼を何人も切ってきた妖刀が

ついに北野天満宮で公開されます。

 

北野天満宮「宝刀展」

1月23日(土)~3月下旬

09:00~16:00まで。

拝観料

一般300円

中高生250円

小人150円

になります。

是非、源氏重代の太刀を

ご覧になってみては

いかがでしょうか?

 

 - 京都観光