*

釣り人にとって怖い事故を 防いでくれるお守りとは?

   

スクリーンショット 2015-09-02 16.09.01

 

暖かくなり、これから

早朝の時期が楽になりました。

釣りがますます楽しくなりますよね。

そんな釣り人が気になるお守りを

扱っている神社があるのを

ご存知ですか?

この神社には、釣り人が恐れる

怖い怖い事故を防いでくれる

お守りがあるのです。

 

・釣り人にとって嬉しいお守りとは?

釣り人にとって嬉しいお守りとは

一体どんなお守りでしょうか?

大漁?釣りの成果が出るもの?

それも大切ですよね。

でも、もっと大切なのは

無事でいることです。

事故にあって、怪我をしていたら、

釣りを楽しめないですよね。

ということで、釣り人にとって

怖い事故を防いでくれる

ちょっと変わったお守りを

ご案内します。

 

京都にある

「北野天満宮(きたのてんまんぐう)」

という神社です。

ん?天満宮?聞いた事あるかも?

という人はスルドイ!

そう全国にある天満宮の大元が

ここ北野天満宮なのです。

この神社の神様が

どうして、釣りに関係があるの?

なんて思いますよね。

 

北野天満宮の神様は

雷の神様でいらっしゃいます。

その昔、京都に多大な災厄をもたらし、

平安京に雷を落とした神様なのです。

そのため、雷を司る神様としても

知られているのです。

そんな雷の神様、やはり釣り人として

雷が鳴るような中、釣りはできません。

川なら氾濫が怖いですし、

海なんてもってのほかです。

そこで、こんなお祭が

6月に開催されるのです。

 

6月1日(水)に

「雷除大祭」が行われます。

なんと朝の

05:00~19:00まで

参拝を受け付けています。

雷や雨に降られない為に

釣り人の間で人気なんだとか。

口コミで広がり、多くの釣りを

たしなむ方がお求めになられるそうです。

その他にも、地元の大学生たちによる、

落語なんかも、楽しめるそうですよ。

こちらは、時間が決まっており、

10:00~15:00の間で

開催されるそうです。

合わせて楽しみたい方は、

是非、この時間にあわせて

ご覧になってみてください。

 

これで天気の心配をせずに

すむかもしれませんね!

そんな夢のアイテムが

この雷除大祭で授与される

お守りだったりします。

是非、お守りを手に入れて、

雷や雨の心配など

しないようにしてみたいですね。

 - 京都観光