*

12月の服装の落とし穴。 12月の京都旅行って実は・・・が重要なんです!

   

 

 

「12月の服装ってどれ着ていこう?」「京都って寒いかな?」旅行の時は、いろいろな事の準備に追われますよね。その中でも服装というのが一番悩むところではないでしょうか?自分が住んでいる地域とは違うので、どうなっているのか分からないですからね。

 

 

 

そこで、本日はバシッと12月の京都の気温を見ながら考えていきましょう。寒い旅行から暖かく快適な旅を過ごして欲しいから現地のタクシー会社が現地の体感をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

・12月の京都の服装の落とし穴は○○なんです。

皆さんの心配事といえば、やはり12月にどの服装で行けば寒くないかということです。そしてできるだけ荷物は少なくしたい。その為には現地の気温がどうなっているのか、体感温度はどれくらいなのかということを知りたいんではないでしょうか。

 

 

 

そこで最初にハッキリと言っておきたい事があるので言っておきます。12月の京都は「底冷えします」そしてその影響で足下が本当に寒いです。気温的には平年並みで自分の住んでいる地域と同じでも底冷えがするせいで、予想以上に寒く感じると思います。

 

 

 

足下は特にそう感じるかもしれません。厚手の靴下や暖かい靴などを履いて下さい。あまり寒いと歩くのもイヤになってしまいます。それでは、せっかくの京都旅行がもったいないですからね。底冷えがあるんだということを知っておいて、対策を考えていきましょう。

 

 

 

・12月の京都の気温は?

さて、底冷えをすると申し上げましたが、12月の気温はそもそもどれくらいなんでしょうか。自分の住んでいる地域と同じくらいなのか、それとももう少し寒いのか。気になりますよね。12月は真冬に向かってグングンと気温が下がっていく時期ですので、上旬と下旬ではかなりの温度差が生まれてしまうということもお気を付けて下さい。

 

 

 

10月を通しての平均気温は6℃前後になっています。これだけを見るとかなり寒いですよね。ジャケットを羽織らないとおそらく出歩けないのでは?それとマフラーを忘れずにまいてくださいね。やはり首もとを出しているのと出してないのでは、全然違います。

 

 

 

先ほども、申し上げましたが底冷えで足下がよく冷えることになるので厚手の靴下など暖かい格好にしておいてくださいね。可能であれば、アンダーウェアなどもしっかりと厚手なものにするとより安心かもしれません。

 

 

 

京都にお越しになる際には気温などもそうですが、天気などもチェックされるとより分かりやすくなるかもしれません。お天気などもお出かけになる前にチェックしてからお越し下さいね。雨だとやはり、気温も一緒に下がりますからね。

 

 

 

さて、12月の平均は分かりましたが、これからは12月上旬、中旬、下旬の3つに分けて、平均気温、最高気温、最低気温、をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

・京都嵐山の12月上旬の気温や服装は?

12月上旬の平均気温は8℃ほどです。

最高気温は18℃ほどです。

最低気温は-1℃ほどです。

 

 

 

となっております。どうしても12月上旬の最低気温に目がいってしまいますよね。12月かかりにはすでに最低気温は-になるんですね。もちろん、この数値は夜中や明け方になるのですがそれでも夜が冷えるということに代わりありません。12月初旬だからと安心せず、しっかりとジャケット羽織る、マフラーをまく、厚手の靴下で防寒をしっかりしてくださいね。

 

 

 

・京都嵐山の12月中旬の気温や服装は?

10月中旬の平均気温は6.7℃ほど

最高気温は17℃ほど

最低気温は-2℃ほど

 

 

 

となっております。やはり12月上旬と比べると下がっていますよね。全てが1℃ほど下がっています。これ1℃って甘く見ているとダメですよ!体感温度は1℃違うだけで結構違ってきます。上旬の格好よりも、少し暖かくしておくと良いかもしれません。中にはヒートテックなど暖かい肌着などを着込むと良いかもしれません。タートルネックなど首を暖かくしてくれる服もオススメです。ともかく体が冷えない様にしてくださいね。

 

 

 

・京都嵐山の12月下旬の気温や服装は?

12月下旬の平均気温は5.5℃ほど

最高気温は16℃ほど

最低気温は-3℃ほど

 

 

 

となっております。12月下旬となると最低気温は-3℃とかなり寒い気温となっております。上旬と比べると2℃ほどグッと落ちています。特に下旬はクリスマス、大晦日など夜に出歩くイベントがあったりします。夜にお出かけになる際にはジャケットは必須。マフラー必須です。手袋や帽子などもあると安心かもしれません。肌をなるべく出さない様に注意してくださいね。空気も乾燥しやすくなりますから、のど飴などがあるとモアベターな気がいたします。

 

 

 

11月や10月の秋口と比べると寒さが厳しくなっています。特に2017年の秋はグッといち早く冷え込みました。もしかしたら、例年のこの予想よりも寒い日が続くかもしれません。そうなっても大丈夫なような防寒具のご用意をお願い致します。やはり外に出て寒いと、あまり楽しめなかったりします。京都旅行を快適に寒い旅ではなく暖かい旅にするために、服装は是非お気をつけください。

 - 京都観光