*

1月の服装の落とし穴。 1月の京都旅行って実は・・・が重要なんです!!

   

 

 

「1月ってどれくらい寒いんだろうか?」「お正月のお参りに寒い思いをしたくない」寒い時期には特に思ってしまうことですね。私も寒いのに何かと出かける時期でもあるお正月に寒い思いをしたくないという風に思います。

 

 

 

そこで、今回は「goo天気」の天気出現率を見ながら1月の京都の気温を見ていきましょう。1月の気温を見ながらどんな服装をしたらいいのか、そして1月の服装の落とし穴をお伝えしていきたいと思っています。

 

 

 

・1月京都の服装の落とし穴は○○なんです。

1月の京都で服装を気をつけるなら・・・「寒暖差」です。え?どういうこと?と思いますよね。だって、1月といえば真冬です。どんどん寒くはなっても暖かくはならないはずです。お正月は新春とはいいますが、春が近づいてくるのはまだ先のお話なのに、なぜ、寒暖差なのでしょうか?これから、その答えをお伝えしたいと思います。

 

 

 

寒暖差がどうして1月の落とし穴なのか・・・。それは外と内の寒暖差なのです。そう、お店と外との寒暖差を考えないと意外な落とし穴にハマってしまうのです。1月は何かと物入りだったりします。旅行に来られても、お店に入って安くなっていたり、初売りでセールになっていたりと、ついついお店に入る事が多くなると思います。その時に外からお店に入ると一気に暖かくなります。少しの時間なら我慢できますが、ちょっとでも長く居ようと思ったら、暖房のきいたお店では外を歩く用の防寒具では暑くなってしまいます。

 

 

 

その時に、脱ぎやすい服装をしておくことをオススメします。なぜなら、もしそこで脱ぎにくい服装をしていた場合、暑くても脱がずに我慢してしまう可能性が高いです。なぜなら、脱ぐのが面倒だから。

 

 

 

しかし、そこに落とし穴があったりするのです。無理して我慢して脱がないでいると暑くて汗をかくと思います。そしてそのまま外へ出ると最初は涼しくて気持ちいいかもしれません。しかし、徐々にそれがなくなってくると今度は汗の水分で急激にひえて寒いということになります。さらに体がひえて、旅先で風邪をひいてしまうというリスクもあります。せっかくの旅先なのに風邪をひいてしまっては、絶対に楽しむことができません。

 

 

私の友人も旅先で風邪をひきずっとホテルで寝ていたという人がいます。本当に一個も楽しくなかったと言っていたので、旅先で体調を悪くしてしまうのはよくないですよね。そうならないために、多少脱ぎやすさも考慮した方がいいかもしれません。

 

 

もし、旅行の日程の中にお店に入ることがあると思う日がある時はダウンジャケットなどもこもこするタイプの上着は避けるようにしたら良いと思います。私は何度かダウンジャケットを着てお店に入り、暑くて脱いだはいいものの、もこもこで邪魔だったということが何度もあります。本当に邪魔なんですよ!かといって外出たら寒いですから、持たないわけにはいけないですからね。

 

 

 

・12月の京都の気温は?

さて、ダウンジャケットから違うジャケットに切り替えてショッピングを楽しんでもらうとして、1月がどれくらい寒いのかを検証しておきましょう。上旬、お正月あたりにおでかけになる方と、少し落ち着いてから来られる方と気温はどれくらい違って来るのでしょうか?

 

 

 

1月の一ヶ月の平均気温は4.5℃前後になっています。これだけを見るとかなり寒いですよね。しっかりと厚着をしてジャケットを必ず着ていないと寒いくらいの気温です。もちろんマフラーは必須です。しっかりと首もとをまもってくださいね。

 

 

 

京都にお越しになる際には気温もそうですが、その時の天気などもチェックしておいてください。曇り、雨、晴れなどでも少し違ってきます。特に雨の日などは要注意です。特に寒くなりますから、より一層の防寒具のご用意をお忘れなく!

 

 

 

1月の平均の気温は分かりましたが、上旬と中旬、そして下旬の3つにわけて、平均気温、最高気温、最低気温をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

・京都1月上旬の気温や服装は?

1月上旬の平均気温は5.3℃ほどです。

最高気温は15℃ほどです。

最低気温は-4℃ほどです。

 

 

 

ついに最低気温はマイナスの世界に突入です。かなり寒いですよね。昼間にマイナスになることはないしても、夜になるとグッと冷え込んでくるということを予感させる数値となってきています。しっかりとマフラーや手袋など素肌をあまり出さない様に対策が必要かもしれません。初詣などでは、混雑し行列ができて数十分、または数時間動かない場合も考えられます。ジッとしても暖かいと思う格好をされるとより良いかもしれません。

 

 

 

・京都1月中旬の気温や服装は?

1月中旬の平均気温は4.4℃ほど。

最高気温は14℃ほどです。

最低気温はマイナス5℃ほどです。

 

 

 

上旬よりも寒さがより厳しいものになっていますね。ただ平均気温の下がり方はあまり下がっていません。寒さとしては厳しいものに代わりありません。また天気出現率も晴れが多いです。これは日差しが照る時間があるということで日中は10℃以上まで上がると予想されます。日中は暑いくらいでも、夜になるとグッと下がると思うので油断しないようにしてください。

 

 

 

・京都1月下旬の気温や服装は?

1月下旬の平均気温は4℃ほど

最高気温は14℃ほど。

最低気温は6℃ほどとなっています。

 

 

 

こちらは、最低気温が6℃ほどとなっていますが、-4℃の日もあれば、-8℃まで下がるという日もありました。かなりグッと落ち込む日があるのが要注意です。夜にお出かけを予定されている場合は-8℃の日があるかもしれないということを頭に入れておくとギャップが少ないかもしれません。肌着などを2枚ほど着ていくとちょうど良いかもしれません。私も1月の寒い日などには肌着を二枚重ねて着たりしています。やはり、二枚着るとそれなりに違いが出たりします。風邪をひかない対策が必要です。きちんと対策をして楽しい旅行にしてくださいね。

 

 

 

 - 京都観光