*

金閣寺の一枚天井とは? 金閣寺に行く前に知っておきたい豆知識!

      2018/09/29

h27010901

 

金閣寺の一枚天井とは?

金閣寺と言えば、京都でも

有名な観光地ですよね。

この観光スポットには、

様々な噂がありました。

その一つが

「金閣寺の一枚天井」です。

一体、どのようなものなのでしょうか?

 

・金閣寺の一枚天井とは?

金閣寺の一枚天井とは、

昔からまことしやかに噂されていた事でした。

実は、金閣寺の一番上の階の天井は、

一枚の巨大な楠を天井の板に使っていると。

これは、1398年の年から金閣寺について

言われていたことです。

しかし、昭和25年7月2日にオリジナルの

金閣寺は焼失してしまい、

結局、最上階にある天井が一枚板なのかどうか

ということは分からずじまいと

なってしまいました。

今や伝説の逸話となってしまった

金閣寺の一枚天井。

それにしてもどれくらいの

大きさだったのでしょうか?

その大きさはなんと三間四方、

つまり5.4m四方もあったのです。

もうかなりの大きさですよ。

ちょうど能舞台の大きさが

三間四方なので、それとほぼ

同じであると考えると、

かなりびっくりするくらいの大きさです。

どれだけ大きな楠が必要だったのでしょうか。

想像もつきませんよね。

なんとも巨大なものが必要なのですね。

そんなものがあるの?

なんだかファンタジーみたい。

なんて思いますよね。

だから、うわさ話なんじゃないの?

なんて思うかもしれませんが、

なんと現代でも、この一枚天井を

作れる可能性がある木が

2本ほど存在しているんだそうです。

それが静岡県熱海市にある

佐和気神社の楠。

この楠は日本第二位の大きさなんだそうです。

そして、もう一つが

鹿児島県蒲生町にある日本一大きな木とされる

楠です。

現代ではこの2本があれば、

どうにかできるかもしれません。

室町時代にはもっとたくさんの

楠があり、それを可能にしていたかもしれません。

あながち嘘でもないような気がしてきますよね。

実は、昭和25年に再建される際に

確かめた結果、一枚天井ではないのではないか。

という説もあり、

何枚かの板を合わせたものではないか。

といわれています。

天井に金箔をぬれば、あたかも

一枚の板のように見えるかもしれません。

外装だけでなく内装まで

金色だった金閣寺ならではの噂かもしれませんね。

さらにいえば、天井にまで

金箔を貼れるという権力と豊富な財産に

よるもののようですね。

今では、一枚の天井板というわけでは

ありませんが、

かつての金閣寺には、そのような

噂があったのです。

本当かどうかは昭和25年に

炎と共に失われてしまったのです。

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間5000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

関連記事
河原町から金閣寺への便利なアクセスや行きかたは?

龍安寺から金閣寺までオススメの行き方は? タクシーかバス、間違いのない選択は?

金閣寺の見どころガイド。足利義満が金の3階建てにした苦悩の秘密とは?

金閣寺へのアクセス、知らないと損するバス、電車、タクシーの賢い使い方

金閣寺の一枚天井とは? 金閣寺に行く前に知っておきたい豆知識!

京都観光の定番コースは? 世界遺産や金閣寺嵐山まで!

銀閣寺と金閣寺を比較してみた。 違いをすぐに答えられますか?

金閣寺の子供の拝観料はいくら? 子供に金閣寺を説明できますか?

金閣と銀閣の違いとは? 銀箔と金箔だから?建てた人が違う?

 - 京都観光