*

金閣と銀閣の違いとは? 銀箔と金箔だから?建てた人が違う?

      2018/09/29

http://photo53.com/kinkakuji1.php

http://photo53.com/kinkakuji1.php

 

京都にある金閣寺と銀閣寺といえば、

ほとんどの方が知っている

観光地ですよね。

しかし、この二つの違いはなんなの?

と聞かれると、

えっと・・・。

と言葉につまってしまいませんか?

せっかく二つのスポットに

行くのなら、違いを知っておくと、

より京都を楽しめますよ!

 

・金閣と銀閣の違いは色だけじゃない?

金閣寺と銀閣寺の違いは何でしょうか?

金と銀が違う?

いやいや、それだけではないのです。

実は、金閣寺と銀閣寺は

比べてみると、とっても

面白いんですよ。

これを知って京都に行くと

3倍楽しむことができます!

まず、金閣寺と銀閣寺ですが、

現在は、両方とも相国寺(しょうこくじ)という

お寺が管理をしています。

つまり、両方とも相国寺のお寺なのですね。

その点では、同じです。

相国寺は、金閣寺と銀閣寺を造った

足利家が創建したお寺なのです。

つまり、金閣寺も銀閣寺も

足利家が造ったお寺なわけですね。

でも、造った方は同じ足利でも違います。

そして、その理由も・・・。

金閣寺を造ったのは、

足利義満(あしかがよしみつ)です。

そう、足利家将軍の一人ですよね。

彼が金閣寺を造ったのは、

現代で言う

首相官邸+迎賓館

にしようと考えたからです。

そのため、普段使いできる館と、

迎賓館のための金ぴかで煌びやかな

邸宅を造ろうと考えました。

そして、いろいろな方を招くために

貴族用、武家用と使い分けができるように

3階建てにしました。

そうすることにより、

大きさのインパクト、そして

階ごとでしつらえを変えることで、

どんな人にも対応できるようにしたのです。

つまり、彼が金閣寺を造った理由は、

人々を迎え、おもてなしをするためのもの

だったのです。

ちなみに創建は

1397年のことです。

また、海外から来た方に

日本は豊かである。

というメッセージを付け加えたいという

意志もあり、金色に塗られたのでは

ないのか?という説もあります。

つまり、国内だけでなく、海外からの方も

お迎えする邸宅だったようです。

かなり、多岐にわたって考えられているようですね。

さて、お次に

銀閣寺ですが、

こちらは1490年に造られています。

実は、金閣寺よりも約100年後に造られていたのです。

結構以外な感じがしますよね。

そして、造られたのは

8代将軍足利義政(あしかがよしまさ)です。

そして、この足利義政が

銀閣寺を造った理由は

銀閣寺で引きこもりたかったから。

彼は、当時政界から離れ、

俗世を離れ、引退をしたいと考えていました。

そのため、銀閣寺は金閣寺とは違い

四畳半という非常にシンプルな構造でした。

そして、銀閣と言われていますが、

実際に銀ではなく漆が塗られていたそうです。

彼が隠居するために造られたので、

住居風の建物になっています。

自身の趣味を詰め込んで造られています。

ここから、新しい文化が生まれ現代でも

この大きさは一つの規格として扱われています。

日本で初めて四畳半を造ったのは、

足利義政だったのです。

金閣と銀閣の違いは、人を迎えてもてなす

表向きの金閣と

隠居してひっそりと暮らそうとしていたプライベートな

銀閣ということが言えますね。

人々を迎えて、楽しませて驚かせたい!

という社交的な方は金閣に惹かれるかもしれません。

いやいや、自分の趣味を楽しんで

自分の秘密基地を造りたい!

なんて思っていらっしゃる方は、

銀閣をお好きになるかもしれません。

あなたはどちらがお好きですか?

まずは、両方を京都旅行の際に見てみては

いかがでしょうか?

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間5000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光, 金閣寺