*

京都の3月で着物はまだ寒い? 着物を着る方が絶対に知っておかない事とは?

   

 

 

せっかく旅行で京都に行くなら着物を着たい!でも3月ってまだ寒いかな?ちょっと心配だなーという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そうですよね。なかなか旅行先の気候までは自分の場所からは分からないものですよね。その気温の心配は着物という普段あまり着用しない服を着るのであれば、余計に不安ですね。本日は、3月の気温などから、これなら大丈夫かな?という判断の一つにして貰えればと思っています。少しでも不安解消に繋がれば嬉しいです。

 

 

 

・3月の京都は寒い?着物は着れる?

京都も3月は、まだまだ寒い日が続きます。その中で着物って寒くないんでしょうか?3月に着ようか迷っている方はちょっと躊躇してしまう時期かもしれません。でも、せっかく旅行に行くのであれば普段しないようなことをしておきたいですよね。

 

 

 

着物を来て歩くには3月は寒いのでしょうか?そこで京都の3月の平均気温を見て行きましょう。3月を通しての平均気温は5~7℃前後ということです。最高気温は22℃ほど。最低気温は-1℃ほどになります。日中はそこそこ暖かいかもしれませんが、最低気温がマイナスになっています。夕方以降に寒くなるようです。

 

 

 

これを見るとまだまだ寒いというイメージがあるかもしれませんが、最高気温が22℃ほどだったりします。日中に出歩く分には割とぽかぽか陽気で過ごしやすいかもしれません。ただ夕方から夜にかけてはどんどん気温が低くなっていくので、夕方から夜まで着物で居ると少し寒いかもしれませんね。

 

 

結論としては、日中に関しては着物でも十分に暖かいという事になると思います。ただし、夕方や夜まで遊ぶとどうしても寒くなってしまうかもしれません。

 

 

 

 

しっかりと対策をすれば、着物でも十分に暖かいんだそうです。確かに本当に寒かったら昔から着られないですよね。雪国でも昔からずっと日本人は着物を着て過ごしてきました。だからこそ、ちゃんと寒い日の対策はバッチリなようです。

 

 

 

なので1月という月でも着物を着て観光というのは、現実的なようです。しかし、ちゃんとした準備や対策が不可欠というのがあります。ちゃんとしっかりとした対策をして1月でも着物を楽しみたいですね。

・寒い日の着物はどう対策しているの?

では、実際にどのような対策をとれば、暖かく寒い思いをせずに着物で京都観光を楽しむことができるのでしょうか?実際に着物をレンタルしているところでしている対策を参考にお伝えさせていただきます。

 

 

 

まず、外から見えるところでは、マフラーやショール、ファーなどで首もとを暖めるようにしています。そこから羽織などで体が冷えないように対策をします。手袋で凍えそうになる手を暖めておきます。外から見えるところの対策というのは、このあたりが現実的なようです。

 

 

 

外から名内ところでは、レギンスを履いたり、タイツをはいたりして足をしっかりと外気に触れないようにします。ソックス足袋などを使って、足も暖めます。他にも、冷えそうなところにカイロを貼ったりして暖めることを推奨します。これで部分冷えはだいぶ対策ができるのではないでしょうか?

 

 

 

さらに言えば冬の寒い時期には「首」とつく部分を冷やさないようにすることで暖かさを感じることができるそうです。例えば「手首、足首、首、腰首」この部分をしっかりと暖めることで暖かさをキープできるようです。

 

 

 

具体的な対策としては着物は帯があり、それを二重に巻く事によってお腹まわり、つまり腰首についてはしっかりと暖かさをキープできるようです。

 

 

 

具体的な着方としては着物の下にヒートテックや足袋、帯を二重にしたりして、着物を着ます。その後に羽織ものを羽織ってマフラーを巻くのが良さそうですね。これで寒くても1月の京都で暖かく観光ができそうですね。

 

 

 

・京都を着物で歩いた方が絶対に得するワケとは?

そして、3月に京都で着物を着るメリットはたくさんあるのです。京都を着物で歩いた方が絶対に得するワケがちゃんとあるのです。それは何かというと「きものパスポート」というものがあるのです。

 

 

 

え?何それは?なんて思いますよね。これは京都で着物を着ている方が使えるパスポートで、こちらをサービスの協賛をしているところに提出すると様々なサービスを受けることができるのです。

 

 

 

例えば、お買い物をした時に1000円以上お買い上げの場合、商品を10%OFFという嬉しい特典もあります。

 

 

 

他にも、史跡やお寺、神社などでもポストカードを配布していたり、拝観料を割り引いてくれるというサービスを行っています。これは嬉しいですよね。着物で気分も楽しいですし、特典も貰えていいことずくめです。だからこそ、3月の京都は着物で歩いた方が絶対にお得なのです。

 

 

 

着物で歩こうと決めたら、まずは「きものパスポート」のアプリをダウンロードをするのをお忘れなく!着物を着ていても、パスポートがないと特典を受けることができなくなってしまいますので、ご注意を。

 

・着物で廻ると楽しい嵐山

さてせっかく着物を着るんですから、京都でどこかに行きたいですよね。着物が似合うスポットを嵐山を中心に簡単にですがご案内したいと思います。

 

 

 

まず、オススメしたいのは「竹林の小径」です。多くの方が知っていると思います。この青々とした竹と着物という相性も実はとてもよくて映えるんですよね。またカランコロンと履物の音が聞こえやすいのも竹林の特徴です。メジャーなスポットではありますが、嵐山散策で着物を着ていたら外せない定番スポットです。

 

 

さて、次にご案内したいのは、「清凉寺」です。ちょっと聞き慣れないお寺の名前が出てきましたね。ここは、その昔平安時代の貴族の別荘を改装してお寺にされた場所なのです。こちらの境内には「あぶり餅」という和菓子のお店がございます。是非ともこちらにお越しいただいてご賞味して欲しいのです。和菓子と着物って合いますよね。美味しい和菓子と着物という和と和の組み合わせがとても映えます。食べている姿を撮るだけでも絵になりますよ。

 

他にも、嵐山を着物で歩くなら「京福嵐山駅」もオススメ。こちらの駅舎はリニューアルし、近代的になりました。こちらには着物の柱があり、ライトアップも行っています。着物の柄の柱が並んでおり、近代的なのにレトロな着物と合うというのがいいんですよね。是非近代的になった嵐山駅にお越しください。

 

 

 

・着物はどこで借りようか!

では、実際に1月の京都で着物が借りられるお店ってどこだろうか?と思いますよね。そこで京都の中でも嵐山で着物レンタルできるお店をいくつかピックアップしてみました。

藤・嵐山

住所:京都市西京区嵐山東一川町3-19

時間:09:30~19:00

電話:080-3797-7177

値段:スタンダード着物プラン3500円

 

 

着物レンタル 夢京都嵐山店

住所:京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町26番地フローラビュー赤マンマ1階

時間:09:00~18:00

電話:075-871-2233

値段:スタンダードコーディネイトプラン4000円

 

 

 

 

着物レンタル 夢京都渡月橋店

住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20-41

時間:09:00~18:00

電話:075-254-6763

値段:スタンダードコーディネイトプラン4000円

 - 嵐山観光