*

上七軒の今。 舞妓さんの居る街の旬とは?

   

出典:http://www.ochaya-sakura.jp/index.php

出典:http://www.ochaya-sakura.jp/index.php

 

京都で舞妓さんを見てみたい!

そんな方も多いのではないでしょうか?

京都で舞妓さんを見たい!

という方は舞妓さんがいる街に

出かけてみては

いかがでしょうか?

 

・舞妓さんのいる街とは?

舞妓さんのいる街で

オススメなのは

「上七軒(かみひちけん)」です。

北野天満宮にほど近い場所に

位置するこの場所は、

室町時代から始まります。

北野天満宮の再建の際に余った

木材を使い7つのお茶屋さんを建てたのが

始まりです。

そこから「上七軒」という

地名が生まれました。

そこから、花街として繁栄していきます。

江戸時代には芸妓さん中心の花街として

祇園と同様に栄えていきます。

戦前まではお茶屋さんが50軒ほど

つらなっていたといいます。

60名ほどの芸妓さんが所属しており、

繁栄していたそうです。

 

戦後、少しずつ縮小していきましたが、

お茶屋さんは現在でも営業しています。

今でも10軒のお茶屋さんが

営業しており、

芸妓さん、舞妓さん合わせて

31名ほどが在籍していらっしゃいます。

 

現在でも、舞妓さんがいる街として

知られており、

毎年春には「北野をどり」が

披露されます。

この「北野をどり」は人気が高く、

毎年上演されるほどです。

 

そんな上七軒の様子は

たびたびテレビでも取り上げられます。

NHKBSにおいて

08:00~09:00の時間帯のおいて

新日本風土記「京都 西陣」が放送されます。

その中で、西陣と関わりの強かった

上七軒が放映されます。

舞の稽古の様子などが描かれるそうです。

上七軒がどのような様子なのか。

少し予習してから

訪れてみてはいかがでしょうか?

 

北野をどりはいつから?チケットはどうとるの?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/kamishichiken-k1-016021202 

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 

 - 京都観光