*

えんむすび祈願!良縁で有名な 地主神社でさくら祭り!

   

出典:http://www.jishujinja.or.jp/jishu/shaden/index.html

出典:http://www.jishujinja.or.jp/jishu/shaden/index.html

 

京都の観光地で有名なスポットといえば

「清水寺」ですよね。

この清水寺には縁結びにご利益があるという

神社があります。

その神社には春になるとお祭が行われるんです。

 

・清水寺の中にある神社とは?

清水寺といえば、日本人だけでなく、

海外の方も知っているほど、

有名なお寺ですよね。

その清水寺の中には、神社があります。

その神社は「地主神社(じしゅじんじゃ)」

と呼ばれています。

ちょっと名前が変わっていますよね。

さて、この地主神社は、縁結びにご利益があると

言われています。

その一つに「恋占い石」というものがあります。

この恋占い石まで目をつぶって歩いて行き、

無事に恋占い石のところまでたどり着けたら、

その恋は叶う。

というものです。

なるほど、やってみたい!と思いませんか?

さて、ここで豆知識なのですが、

この占いに使われる「恋占い石」が

いつの時代に作られたのかを

科学的な年代測定で調べてみた所、

なんと、縄文時代の頃から

存在していた事が明らかになりました。

ちなみに、この地主神社は、

日本が建国される前から

この地にあったと言われています。

つまり、清水寺が創建される

もっと前からこの神社はあったことになります。

実は、清水寺の方が自主神社の後にできて、

いつの間にか、清水寺の方が

大きくなってしまったようですね。

 

この清水寺にある

地主神社では、4月10日(日)に

「えんむすび祈願さくら祭り」が

開催されます。

お時間は

09:00~17:00の間で執り行われ、

白川女という京都の伝統的な

服装に身を包んだ方が

歌や踊りを奉納するという行事が

行われます。

桜の時期ですから、

境内も奇麗に淡いピンクの色に

染まっている事と思います。

実は、この地主神社の桜が

日本に根強く桜の花見を根付かせたと

言われています。

この、地主神社に咲く桜が

あまりにも美しかった事から、

どうしても毎年この桜を見たい!

と時の天皇は願いまして、桜を見るように

なったのだといいます。

そこから、今まで花見といえば、

梅が主流だったのにもかかわらず、

この時から、花見といえば

桜という文化になっていったそうです。

ここの地主神社の桜が日本のお花見を

変えてしまったほど美しかったのです。

是非、淡いピンク色の地主神社の桜のように、

見事花が咲く様に恋占いを

してみては

いかがでしょうか?

 - 京都観光