*

神護寺の階段は何段? 見た目以上に厳しいかもしれません。

   

DSC_0422

 

京都の神護寺と言えば、

右京区に位置しており、

山の中腹にあります。

なんと、その歴史は

1200年以上もあります。

山の中腹にあるということで、

階段が多いお寺です。

果たして、何段あるのでしょうか?

 

・神護寺の階段は何段?

神護寺は、山の中腹に位置しており、

山を切り出して作られています。

そのため、非常に階段が多いです。

その数なんと

400段です。

入り口から階段が続いており、

それを昇り続けて

やっと本堂までたどり着く事ができます。

結構長いので気を付けて下さい。

さらに、作られたのが1200年前とあって

階段の段差が均一でなかったりするので

足下にも十分注意して進んで下さい。

 

さて昇りきると、本堂が見えてきます。

ここにオススメで

絶対に見て欲しいものがあります。

それは神護寺の本尊です。

木像の「薬師如来立像」です。

ここのご本尊は常時公開されているので、

いつ行っても拝観することができます。

場所は一番目立つ場所にある

金堂に御安置されています。

なんと平安時代に作られた

仏様で170センチの高さがあります。

立っているので、日本人だと

平均身長くらいでしょうか。

このご本尊の驚くべきポイントは

一つの木から彫り上げていることです。

170センチの背の仏様を彫り上げようと思ったら

大木でないと彫り上げられません。

一本の木から彫り上げていくので

失敗もできません。

高い技術力が必要になってきます。

この仏様を見ると穏やかな顔立ちされ、

さらに、着ている服のしわまで

再現されています。

そして驚くべき事に、色彩を

口と目だけに色を入れている以外、

ほどこしていないという点も

特徴です。

色がほとんどない分、

素朴で親しみやすい印象を

与えます。

見た瞬間にスッと心穏やかになれる

仏様のような気がいたします。

400段の長い階段を登って、

出会う価値のある仏様です。

こころを軽くしたいと思った時に

是非、足を向けてみて下さい。

まずは、神護寺に行く手段を考えて

みて、バスかタクシー

どちらかにするか決めてみては

いかがですか?

 

どちらがいいかは、

こちらをチェック!

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/jingoji-r1-016012502

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 嵐山観光