*

時代祭を雨や台風を気にせず 見られるスポット案内します!

   

出典:http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/03/019/#3

出典:http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/03/019/#3

 

10月の京都には、いろいろなお祭があります。

その中に「京都三大祭」というものがあります。

「葵祭(あおいまつり)」

「祇園祭」

そして10月に行われる

「時代祭」です。

でもこの時代祭は野外の行事です。

急に雨降ってきたらどうしよう?

そんな心配もありますよね。

そこで、雨に濡れないで見られる

スポットをご案内します!

 

・雨に濡れずに済むスポットはどこ?

時代祭は、京都御所から行列が

出発して、京都の街中を練り歩き、

その後、平安神宮へとたどり着く

ルートになっています。

さてそのルートの中に

雨に濡れずに見られるスポットは

あるのでしょうか?

実はちゃんとあるんです。

そのスポットは、

市役所前から

三条通りの商店街の間です。

この間には、アーケードがあり、

場所によっては、

雨を防ぐことができるのです。

つまり、雨が降っていても、

傘をささなくてもご覧になることが

できるのです。

雨が降りそうであれば、

そちらの市役所から

三条通の間で待ってみては

いかがでしょうか?

ちなみに、予定ではありますが、

おおよその通過時間は

13:30頃となっています。

 

この三大祭に数えられる時代祭って

どんなお祭なのでしょうか?

一言で言ってしまえば

「日本の歴史」です。

え?どういうこと?なんて

思いますよね。

この時代祭は、

日本の各時代の衣装を身にまとって

行列を行うのです。

しかも、幕末の衣装から始まり、

平安時代までの衣装が

時代ずつ進んで行きます。

そのため、同じ和服でも、

あぁ~、時代によってこんなに

違うんだなぁ。

というのがよく分かります。

特に、女性の衣装は

明確に違うので、見ていて

面白いですよ。

それぞれ時代によって

衣装が違います。

どの時代の衣装を着てみたいですか?

そんなことを考えながら、

日本の歴史の深さを

思ってみるのも楽しいです。

是非、京都三大祭を

楽しんでみて下さいね。

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 

 - 京都観光