*

ディープ観光、裏京都を見よ! 石清水八幡宮では、真夜中に儀式が行われる!

   

FullSizeRender-3

 

普通の京都観光に慣れた方は、

他のちょっと違う京都を

見てみたい!

ちょっと変わった京都、

裏京都を知りたいと思うのではないでしょうか?

そこで、ディープな裏京都を

ご案内します。

 

・裏京都にピッタリのスポットとは?

裏京都にピッタリのスポットが

京都にはあります。

それは、京都市の隣にある

八幡市です。

そこに、あるのが

「石清水八幡宮」という

神社です。

この神社に訪れてみて下さい。

ただし!

裏京都を見るのには、条件があります。

この石清水八幡宮には

夜中に行って下さい。

え?真夜中?

と驚きますよね。

実は、そこが裏京都の舞台なのです。

9月15日(木)の

02:00~から始まるのが

「岩清水祭」なのです。

この岩清水祭は、

なんと夜中の2時から始まるお祭りなのです。

石清水八幡宮は山の上にたっており、

夜中の02時にスタートします。

何も見えないまっくらな山の中を

ほのかを灯りを灯した提灯が集まり出し、

厳かな雰囲気で始まります。

ほおくらい道をたくさんの提灯で照らし、

まるで幻想的な雰囲気の中を

御神輿が通ります。

ものすごくディープですよね。

実は、これは、三大勅使祭と呼ばれており、

日本の中で三本の指に数えられている

お祭なのです。

その中でも、夜中に始まるお祭りは

ここだけなのです。

日本で、三大勅使祭のうち

夜中に始まるのが見られるのは、

この石清水八幡宮だけなのです。

ちなみに、勅使というのは、

天皇の代理人である

勅使がつかわされるお祭です。

これは、日本全国の神社の中で

たった16社しか行われない

貴重なお祭なのです。

もともとは863年に

八幡犬神様が川に生き物を

はなし、生きとし生けるもののために

平和と幸福を祈るお祭として

始められたのです。

その姿は古来より変わらず、

真夜中に始まるこのお祭は

動く平安絵巻と呼ばれ、

当時の姿をそのままにしているのです。

まるでタイムスリップしたかのような

姿はまさに驚きです。

まさにディープな京都ですよね。

濃い京都観光にしてみては

いかがでしょうか?

 - 京都観光