*

法住寺に伝わる不死身の 身代わり不動明王とは?

   

出典:http://hojyuji.jp

出典:http://hojyuji.jp

 

「法住寺(ほうじゅうじ)」は

三十三間堂の近くにあるお寺です。

この法住寺には、不死身の

不動明王様がいらっしゃると

言われています。

 

・不死身の不動明王とは?

この不死身の不動明王は激動の時代を

雄々しく生き延びたのです。

時は、平安時代から鎌倉時代にと

変わっていく激動の時代でした。

時の上皇であった「後白河上皇」も

祈ったと言われるほど、有名な不動明王でした。

この不動明王が活躍するのは、

その後白河上皇の身が危険にさらされた時です。

都を源頼朝より早く占拠した

源義仲(みなもとのよしなか)が後白河上皇を

連れ去ろうとして、都に火をつけます。

京都中が大火事になり、上皇自身も

火事の脅威にさらされてしまいます。

その時に、燃え上がる中、上皇と火の間に

割って入っていったのが、

この身代わり不動明王だと

言われています。

こうして、火事を身代わり、

上皇を救ったのです。

しかし、そこは不死身の不動明王、

この火事でも消失せずに、生き残り、

ずっと、この法住寺に御安置されることになります。

そして、平成の今の世になっても、

ずっと、この地に、不死身の不動明王、

身代わり不動明王として、信仰を篤めているのです。

何か、身代わりになって欲しい。

と思ったら、お願いしてみるのも良いかもしれません。

ちょっと変わった仏様かもしれませんが、

是非、ご覧になってみては

いかがでしょうか?

 

江戸時代の「やられたらやり返す!倍返しだ!」

とは?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/houjuuji-c1-015111601 

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光