*

京都のお酒のオススメは? 酒蔵が集まる献酒祭とは?

   

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:平安神宮應天門001.jpg

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:平安神宮應天門001.jpg

 

京都は観光地として有名ですが、

酒どころとしても有名です。

特に有名なのが伏見です。

灘の男酒、伏見の女酒という

言葉があるように、

京都の伏見は酒どころとして

賑わっています。

今でも、菊正宗や月桂冠など

全国のメーカーがひしめき合っています。

そんな京都のお酒メーカーが

ずらりと勢揃いする機会が

あるのです。

それは・・・?

 

・京都の酒造家が大集合!

京都の酒造家が

ずらりと勢揃いする機会が

6月にやってきます。

お酒のイベントがあるわけではありません。

この酒造家が勢揃いするのは、

平安神宮という神社です。

え?神社に?

と思いますよね。

実は、6月15日(水)に

平安神宮で

献酒祭が開かれるのです。

お時間は

10:30~からです。

この行事で京都の酒造家の方が

集まり、京都の基礎を気づいた

神様にお神酒をおそなえして、

1年間の安全を祈願します。

こうした伝統行事をずっと続いて

きていたのです。

お酒造にとって気温や湿度というのは

管理することが難しいです。

さらに、これから夏場になるにつれて

さらに大変になっていきます。

そのため、この時期に

お酒の出来や安全を祈願するのです。

そして、酒造家が丹誠込めて作った

自慢のお酒を披露する場でもあるのです。

この行事では

古来のままに素焼きで作られた器に

自主ブランドのお酒が注がれるのです。

きっと自慢の一品を出していることでしょう。

安心安全を祈る場とともに、

自分の出してきた成果を

魅せる場でもあるわけです。

お酒好きな方なら、一度は見てみたい。

と思える光景かもしれません。

京都のお酒がずらーっと並び、

神様にお供えされているのです。

京都のお酒を飲む前に

平安神宮で、お酒や酒造家を

ずらーっと並んでいる姿を

楽しんでみるのも

「通」な楽しみ方かもしれません。

そんなちょっと変わった

京都観光も楽しいですよ!

 - 京都観光