*

京都ハリストス正教会とは? 京都非公開文化財特別拝観の2016年秋の初公開の協会

   

出典:http://www.geocities.jp/rxjkx321/kyoto.html

出典:http://www.geocities.jp/rxjkx321/kyoto.html

 

毎年、春と秋に開催されている

「京都非公開文化財特別拝観」があります。

普段は見ることができない文化財を

拝観することができます。

だいたい毎回10カ所ほどのお寺や

神社が公開されます。

その中で、楽しみなのが

「初公開」のスポットです。

まだ誰も見た事がない文化財を

拝観することができるとあって、

毎回、人気が高いです。

今年の秋は、どこが開くのでしょうか?

 

・2016年の初公開はどこ?

2016年秋の公開が決定されました。

10月28日(金)~11月7日(月)

までの公開となっています。

お時間は

09:00~16:00までとなっております。

拝観料は、どこのお寺神社でも

一律で

大人800円

中高生400円となっています。

そして今回は

21カ所が公開され、そのうち

初公開が6カ所となっています。

また1カ所が21年ぶりの公開となっています。

どれを見るのが面白いのかな?と思いますよね。

せっかくなら、初めて公開されるところが

面白そう。

なんて思ったら

「京都ハリストス正教会」なんてどうでしょうか?

え?協会?

と思いますよね。

実は、今回は神社やお寺などが

多い中、協会が初公開されます。

ちょっと気になりますよね。

京都ハリストス正教会は京都市の中京区にある

正教会です。

なんと明治時代から現存しており、

1903年(明治36年)に建てられています。

日本最古級の正教会なんだそうです。

明治時代からこんな洋風の建物が京都の

中にあったのかと思うとちょっと面白いですよね。

建物の名前も

「生神女福音大聖堂(しょうしんじょふくいんだいせいどう)」

というなんだか協会っぽくない名前が

つけられています。

それに「京都ハリストス正教会」の

ハリストスとはなんなのでしょうか?

実は、正教会はイエス・キリストを

中世ギリシャ語の

「イイスス:ハリストス」と表記する

場合があります。

つまり、「京都ハリストス正教会」の

ハリストスとは、キリストの意味なんですね。

京都キリスト正教会。

と表記している感じでしょうか?

今回は、初めて中に入れるだけでなく、

聖像や聖器物などが展示されるそうです。

なかなか、キリスト教の宝物というのは、

見た事ないですよね。

この機会に、キリスト教の文化財って

大切にされているものって

どんなのだろう?と思ってみてみては

いかがでしょうか?

普段とは、違うちょっとした非日常を

味わえるかもしれません。

それだけに、ワクワクしてしまいますよね。

京都は、お寺や神社で少し飽きちゃったな。

なんて方は、京都ハリストス正教会に

訪れてみては?

きっとハッとするような出会いが

あるかもしれません。

ハッとする出来事を体験したい方は、

10月28日~11月7日までの間に

初めて公開される

「京都ハリストス正教会」へ

出かけてみてはいかがでしょうか?

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光