*

京都の祇園祭って雨の場合はどうなる? あっ、屋台とか宵山は大丈夫なの?

   

 

京都の祇園祭といえば、7月の風物詩として有名です。このお祭をご覧になろうと日本中ひいては世界中からたくさんの方がやってきます。しかしです。一つだけ注意しなければならないことがあるのです。

 

 

 

7月はまだ梅雨になっている可能性が十分にあるということです。梅雨明けで晴天続きならいいですが、梅雨が続いているとか、梅雨があけても雨が降り続いているとか、そういう状況もあるのです。事実、私が大学時代に祇園祭のボランティアをした時は山鉾巡行の時に小雨の状況でした。

 

 

 

つまり、祇園祭の山鉾巡行や宵山が雨の日に行われるということもありえるということです。そうなってくると、雨の場合ってどうなるの?と心配になりますよね。

 

 

 

私も心配です。せっかく一年でこの時しかご覧になれないこともたくさんありますから。それなら雨が降って欲しくないと思います。けど、天気のことなので私が「雨降らないで!」といったら降らないというものでありませんよね。

 

 

 

なので、現実に雨だったらどうなのか?という疑問に対して答えを出していきたいと思います。

 

 

 

・祇園祭山鉾巡行と宵山は雨の場合はどうなる?

これ、気になる方いらっしゃるんじゃないでしょうか。私もとても気になっています。一番雨にならないで晴れて開催だと思います。けれども、現実は天気は自分たちではどうしようもできないので、天任せになってしまいます。

 

 

 

7月17日の山鉾巡行、その前にある宵山が7月14日~16日となっています。この二つの行事は雨が降っていたらどうなるのでしょうか?

 

 

 

まず、皆さんの関心が高い山鉾巡行からご案内していきたいと思います。山鉾巡行は雨になったらどうなるのでしょうか?

 

 

 

まず、中止か順延かということですが、基本的には中止となります。7月中ずっと行事がずらーっと並んでいるので、順延にはできないのです。雨の場合は小雨程度であれば行うそうです。

 

 

 

そうやって思い返してみると2006年の時です。私もボランティアで参加していましたが、雨が降る中で祇園祭の山鉾巡行をしました。あの時ほど「え?こんなに降ってるのにやるの?」と思ったことはありませんでした。本当にスゴいタフな巡行だったかと思います。山鉾もビニールをかぶせ濡れないようにして巡行をしていました。なので、小雨や雨程度であれば決行する可能性が高いです。その場合、山鉾巡行の朝05:00半くらいの時点で判断するそうです。ですので、6時頃にHPなどをチェックすると山鉾巡行を行うか中止するかが判断されているそうです。

 

 

 

面白いお話もあり、天候不順が理由で祇園祭が中止になったことはないのです。長い歴史の中で祇園祭は何度も中断期間や中止になったりすることはありました。しかし、その理由は戦争中であったり、合戦の舞台になってしまったりして山鉾自体を出すことができないという切羽詰まったものが中心です。

 

 

 

その中に天候不順による中止というものはないそうです。それだけ天気で左右される行事じゃない!雨くらいじゃ中止にさせない!という強い意志を感じますよね。ただやはり雨になると危険度は増しますし、滑る可能性もありますから、やっぱり怖いですよね。特に長刀鉾など大きい上に高さがあると怖いですよね。

 

 

 

今後も、例え雨でも決行されるにしても事故だけが心配ですよね。神事ですから皆さん無事に終えてほしいものです。できれば、今年も雨ではなくからっと晴れた気持ちいい天気で行いたいですよね。その場合は今度は熱中症に注意しなくてはいけませんが。

 

 

 

・祇園祭の宵山は雨の場合はあどうなるの?

宵山は基本的に雨でも中止や順延ということはなさそうです。というのも、そもそも宵山は3日間あります。なので一日雨でも次の日があったりするので、割とおおらかな対応なようです。出店などは暴風雨などになってくると、出ないかもしれませんが、基本的には雨でも行うようです。

 

 

 

ただ雨の中皆さん傘をさして小さい道を歩くとなると普段でも人出が多いのに傘などのせいで非常に歩くにくくなるので、雨の日にわざわざ出かけるのはオススメできません。

 

 

 

宵山は3日間ありますから、雨の予報などを事前にキャッチして晴れか最低でもくもりの日などを狙って赴いてみてはいかがでしょうか?それでも、観光する日にちというのは決まっています。事前に天気は分かりませんからしょうがないですよね。

 

 

 

そんな時は、雨の日でも楽しめる祇園祭宵山のオススメスポットがあります。霰天神山なんていかがでしょうか?粽やグッズなどは屋内に入ってからなので、雨でも割と平気で楽しむことができます。さらに並んでいても、建物の中なので、待っている間も雨に濡れません。これはメリットですよね。

 

 

 

宵山も雨が降らないで楽しめるならこしたことはありませんが、雨になっても楽しめるスポットを見つけておくと、落ち着いて安心して楽しむことができそうです。また、雨の日は足下も滑りやすくなったりするので気をつけて行動されてください。

 

 

 

普段着慣れない浴衣などで赴かれる方も多いかと思います。十分気を付けて下さいね。

 - 京都観光