*

祇園祭っていつから始まるの? くじ取りの見学ができるって本当?

   

写真-3

 

祇園祭と言えば、

7月の京都を語るには

外せない風物詩ですよね。

平安時代の頃から始められて、

現代でもずっと続けられている

祇園祭が今年も始まります。

その口火を切る行事が

ついに始まろうとしています。

 

・口火を切る「くじ取り式」とは?

これは、室町時代から始められたもので、

祇園祭の口火を切る行事です。

これは、祇園祭の山鉾巡行の際に、

山鉾の先陣争いが絶えなかったために

応仁の乱の混乱がおさまった

明応9年(1500年)から始まったものです。

山鉾33基のうち長刀鉾などあらかじめ順番が決まっている

「くじ取らず」という9基の山鉾をのぞいて

24基で、どの山鉾が今年の順番を行くのか。

というのを決めるぎょうじです。

そんな順番くらいで・・・。

なんて思うかもしれませんが、

これはとても大切な行事なのです。

例えば、安産の神様がいらっしゃる山鉾の

順番が速ければ、その年に妊娠された

妊婦さんの出産が軽く済む。

なんていうジンクスまであるのです。

それだけ、この順番というものが、

大切だということが

分かりますよね。

なので、毎年京都にいらっしゃる

妊婦さんは、どの順番なのか

気にしていらっしゃるとか。

 

また、祇園祭の口火を切るという

意味合いからか、

とても盛り上がります。

京都では、新聞でも大々的に

この行事の順番が発表されます。

 

くじ取り式は毎年

7月2日に行われます。

今年は、28年7月2日(土)の

10:00~12:00頃までの

期間で開催されます。

そして、場所は

京都市役所の市会議場で

行われます。

これには、京都市長や

くじを取る町の方たちだけで

行われています。

えー、せっかくなら見てみたい!

と思いますよね?

 

そんなあなたに朗報です。

今から応募すれば、

このくじ取り式を

見ることができるかもしれません。

実は、毎年、くじ取り式は

少数ではありますが、見学者を

募集しているのです。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

HP:http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000198613.html

 

申し込み方法は

往復はがきによる申し込みにかぎります。

1通につき1名様だけなので

要注意です。

必要事項をおかきになり、

宛名の横に「くじ取り式」と

朱色で書かなければならないそうです。

申し込み多数の場合は抽選になるので、

気を付けて下さい。

申し込み期限は

6月13日(月)までとなっているので、

気をつけてください。

 

是非、間近でくじ取り式を

ご覧になってみてください。

こんな機会はなかなかありませんよ!

 

祇園祭を楽しむ為には?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/gion-t1-0160602

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 京都観光