*

祇園祭りで売られるちまきとは? どんな種類があるの?

   

写真

 

祇園祭に行くと「ちまき」

という耳慣れないものが

売っていることがあります。

今日はそんな「ちまき」が

どのようなものかご案内いたします。

 

・ちまきってどんなもの?

さて、私たちが「ちまき」と言えば

食べ物のちまきを想像しますよね。

でも祇園祭で売られているちまきは

ちょっと違います。

それは、まず食べ物ではないことです。

え?食べられない「ちまき」を

売っているの?

と驚きますよね。

実は、ちまきはちまきでも、

祇園祭で売られているちまきは

お守りのちまきなんです。

 

笹の葉で作られたちまきを買い、

玄関先にさげておくと

厄や災いがやってこないと言われています。

京都の家をよく見てみると

こうした茅の葉でつくられた

ちまきがかけられているのを

よく見る事ができます。

祇園祭には、これを求めて

遠方からわざわざやってくる方も

いるほどです。

そんなお守りのちまきの

種類がいくつあるか知っていますか?

実は、各山鉾が作っているので

その種類は山鉾の数だけあるということになります。

ちまきは、各山鉾の会所というところで

販売されています。

ちなみに、それぞれ個性的なちまきがありますが、

それぞれ山鉾のちまきには

ご利益が違うようです。

例えば、占出山のちまきは

「安産祈願」のゴリやkうがあるそうです。

岩戸山の山鉾では

「海運」のご利益があるそうです。

 

それぞれの山鉾の個性が出ているので、

お気に入りのちまきを見つけて

気に入ったのを玄関先に

出してみてはいかがでしょうか?

 

他にも、各山鉾の会所では、

オリジナルの限定グッズを

販売しているところもあります。

山鉾巡行の時に、

山鉾をひく方たちが持っている

手ぬぐいやストラップ、

お守りなどを販売しているようです。

気分を盛り上げる為に

手ぬぐいなどを首からかけて

祇園祭をまわってみては

いかがでしょうか?

 

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 京都観光