*

あなたは英語で祇園祭を説明する為に 知っておきたい優しい解説

   

写真-2

 

海外から多くの方が祇園祭を

身にやってきます。

案内を頼まれる方もいらっしゃるのでは?

でも、祇園祭のことなんて

あまり分からない!

そんな方の為に海外の方にも

分かりやすく祇園祭を

ご案内いたします。

 

・海外の方に祇園祭をどう案内する?

まずは、祇園祭がどんなお祭りか

案内しないとですね。

どんなお祭りかお分かりになりますか?

7月2日~7月29日まで続く

長いお祭りです。

そんな長い期間行われる目的は・・・・

「皆が病気(特にインフルエンザなど)に

ならないようにするため」です。

 

祇園祭は病気にならないようにするの?

祇園祭が始まったのは当時、1100年前に

インフルエンザなどが大流行りして、

都中が大パニックになった頃です。

そこで陰陽師たちが原因を探ったところ、

神様が悪さをしてインフルエンザなど

悪い病気を広めている事が分かりました。

そこで、行ったのが祇園祭だったのです。

え?どうして、急にお祭りなんてするの?

と日本人でも、疑問に思いますよね。

実は、神様というのは

悪いところと、良いところがあります。

悪いところが強く出ると、

インフルエンザなどを流行らせてしまいます。

しかし、良いところが強く出ると、

豊作になったり、願い事がかなったりと

皆幸せになるのです。

そこで、今回の場合、

神様の悪いところが出てしまっているので、

良いところが出るようにしなくてはならないわけです。

 

そこで、登場するのがお囃子とお祭りです。

神様の気分をあげなくては、良い結果になりません。

そこで、急いで、お祭りを始めたわけです。

そして、それが1100年以上続いて、

現在の祇園祭が完成したのです。

 

・そして、現在の祇園祭の見どころは?

現在の祇園祭の見どころは、

動く美術館と呼ばれる山鉾です。

海外からの方から受けが良いのは

山鉾に飾られているタペストリーです。

なんと、シルクロードを渡ってきた

ヨーロッパや北欧、

中東やエジプトなど様々なのタペストリーが

飾られているのです。

しかも17世紀やもっと前のものまで

存在しているのです。

下手したら博物館や美術館におさまっているものが

動いてお祭りを盛り上げているのですから、

驚きです!

しかも、そうしたタペストリーは

聖書のお話や神話などをモチーフしているので、

英語圏の方に馴染みやすいかもしれません。

自分たちの国の文化が

祇園祭の一つになっているのが、

ちょっとした面白さかもしれませんね。

お時間がある場合は、

山鉾のタペストリーをご覧になって

みてはいかがでしょうか?

最後に、英語でご案内する時に、

役立つHPをご案内します。

文章で見せたい時にご活用ください。

HP:http://www.japanlink.co.jp/ka/cmatfr.htm

 

観光地先で、

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光