*

京都の伏見稲荷の不思議? 1日だけ夜がスゴい事になるんです

   

伏見の鳥居

伏見の鳥居

 

京都の伏見稲荷大社は

「千本鳥居」で有名ですよね。

ずらーっと鳥居が並んでいる姿は

壮観で、ファンタジーの世界に

迷い込んだような幻想的な景色が

広がっています。

そんな伏見稲荷大社が

1日だけ夜に驚きの光景が

広がっているのです。

 

・たった1日だけ夜に見られるスゴい景色とは?

その景色は、7月19日(日)の

夜に見る事ができます。

それが伏見稲荷大社で行われる

「本宮祭」の宵山です。

宵山とは、お祭りの前日に開かれるもので、

出店が出たり、伏見稲荷大社の

提灯に明かりがともります。

本宮祭の前に行われ、

一段と盛り上がります。

19日(日)の夜は

普段は明かりがあまり灯らない

伏見稲荷大社が一斉に

提灯に火が灯り、

露天が並び、昼間と同じように賑わいます。

これが、また幻想的で

まるで映画

「千と千尋の神隠し」のような

世界に迷い込んだ感じがします。

特に千本鳥居のところは、

幻想的なので、

是非チェックしてみてください。

 

・伏見稲荷のおすすめポイント

伏見稲荷大社は鳥居の数が多く

「千本鳥居」なんて言われるほど

たくさんあります。

その並んでいる姿が奇麗なので、

多くの方が訪れますが、

どうして、たくさんあるのかご存知の方は

少ないはず。

この理由をすれば、「えっ!スゴいじゃん!」と

なるはずです。

はたして、どうして

鳥居の数が多いのでしょうか?

それは・・・

江戸時代までさかのぼります。

江戸時代、伏見稲荷大社で

お願いごとをして願い事が叶ったら、

鳥居を奉納するということが流行しました。

そうして、願い事が叶うごとに一つずつ

増えていき、今や1万基近い

鳥居が境内にあるそうです。

鳥居の数=願い事が叶った数。

なんですね。

つまり、全国からたくさんの方が

伏見稲荷大社のご利益を

感じているということなんですね。

「えっ、スゴい!」って感じですよね。

なので、伏見稲荷大社にご参拝された際に

鳥居をくぐる時に、この鳥居は

願い事をかなえてくれたお礼なんだなぁと

思うと、ちょっと違って

見えるかもしれません。

ちなみに、伏見稲荷大社は

「五穀豊穣」「家内安全・交通安全」

「商売繁盛」などのご利益が

あるそうなので、お願いごとをする時は、

ご参考にしてみてくださいね。

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光