*

京都駅から永観堂までの行き方は? バスとタクシー、どちらが便利なの?

   

出典:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/momiji/teiten.php?areaid=00000021

出典:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/momiji/teiten.php?areaid=00000021

 

11月といえば、紅葉の季節ですね。

京都でも、様々な所が色づいて、

たくさんの方が訪れます。

その中でも「永観堂(えいかんどう)」が

人気です。

しかし、初めて行くのであれば、

どうやって行くのか。

どのアクセス方法がいいのか悩みますよね。

今回は、永観堂まで

京都駅からは、どのアクセスがいいのか

お伝え致します。

 

・永観堂へは、どのアクセスがいい?

京都駅のアクセスはバスかタクシーが便利です。

バスでのアクセスは

京都駅前からのりばD1へと移動してください。

市バス100系統のバスへと

お乗り下さい。

こちらの100系統で向かわれる場合は、

乗り換えなしで50分ほどで

ご到着いたします。

100系統に乗り12停留所で

宮ノ前町という停留所に着きます。

こちらで下車していただいて、

徒歩7分で永観堂へと到着します。

 

迷うかもしれない。

という不安やお時間があまりない。

という方はタクシーのご利用を

オススメ致します。

タクシーは、タクシー乗り場へと移動していただいて、

そこから、お乗りになってください。

おおよそ30分ほどでご到着致します。

ご料金は1500円~2000円ほどです。

ただし、当日の道路状況にもより変化する

可能性があるので、あくまでご参考程度に

とどめておいて下さい。

 

さて、永観堂についたら、どこが

面白いスポットなんだろう?

なんて思いますよね。

そこで、今日は一緒に永観堂の

ここを見て欲しい!というスポットを

ご案内します。

 

永観堂といえば、紅葉の他に

有名なものがもう一つございます。

それが「見返りの阿弥陀」

と呼ばれる仏様です。

どのような感じなの?と思いますよね。

実際見て頂くと分かるのですが、

なんとこの仏様は、

真正面に向いた時に、ふっと

後ろを振り返っているような仕草を

されています。

そのようなことから、

見返りの阿弥陀と言われています。

しかし、なぜ仏様がわざわざ

横や後ろを向いているのでしょうか?

その謎は・・・

「仏様の慈悲の心」だと言われています。

え?どうして振り返ることが

仏の慈悲になるの?

と、よく分かりませんよね?

 

阿弥陀如来様は、人々を救ってくださいます。

極楽へと導く際に先導をしてくださいます。

その時に、ふっと立ち止まり後ろを

振り返り、ちゃんと来て下さっているのかを

ご確認してくださっています。

それは慈悲の心の現れであり、

人々を救おうと思っていらっしゃるお心の

現れでもあります。

実は、首が後ろを向き、後方を

確認していらっしゃるのには、

そのような理由があったのです。

少し珍しい仏様でいらっしゃるので、

是非、紅葉と合わせてご覧になってください。

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 

 - 京都観光