*

醍醐寺の桜の開花予想が出ました! 見頃はいつ?花見行列はいつ?

   

出典:https://www.daigoji.or.jp/flowers/flowers_detail1.html

出典:https://www.daigoji.or.jp/flowers/flowers_detail1.html

 

京都の桜といえば、有名なスポットは

たくさんありますよね。

そんな中、京都の方が

特別視している桜があります。

その桜とは?

 

・京都の方にとって特別な桜とは?

京都の方にとって特別な桜とは

一体なんなのでしょうか?

それは、あるお寺の桜です。

ここのお寺の桜は歴史上

最もお金を使いお花見が行われた場所です。

金額は100億円以上。

主催をしたのは、天下を統一し、

日本を我がものとしていた

豊臣秀吉です。

彼が62歳の時に考えたお花見は凄いのです。

花見の場所は、あるお寺に決まりました。

 

そのお寺に事前に700本の桜が植えられました。

また参加者を楽しませようと花見のルートに

8つの茶屋を作らせたそうです。

そして3つめの茶屋では、黄金の茶器、

お椀を用意して、最高級の料理をふるまったそうです。

鶴や白鳥のスープなどが出されたと言われています。

参加者は1300人と言われていますから、

それだけでかなりの金額になることが

分かりますよね。

そして、目を見張るのが、衣装です。

なんとこの時に用意した着物は

3900着。

ひとつ100万円ほどだと言われているので、

総額は驚くばかりです。

もう、これだけでお金がかかった

ということが分かりますよね。

 

そんなお花見が行われたのが

慶長3年(1598年)のことです。

この時にお花見に訪れたお寺が

「醍醐寺(だいごじ)」という

お寺です。

この醍醐寺の桜を京都の方は

今でも大切にしているそうです。

そのため、桜が咲き、

秀吉が歴史上最もお金をかけた

お花見が行われた桜が咲くと、

ある行事が行われるのです。

 

それが

「豊太閤花見行列」です。

太閤秀吉が行った桜の花見を

再現した行列が醍醐寺で行われます。

今でもこうして、再現されているほど、

京都の方にとっては特別なお花見だったのですね。

このお花見は

2016年4月10日(日)に行われます。

13:00~15:00の時間に

開催されます。

最もお金をかけたお花見をご覧になってみる

チャンスです。

京都の醍醐寺で行われた大行列を

目の前の桜と共に楽しんでみては

いかがでしょうか?

さて気になるのが醍醐寺の開花情報ですが、

今のままだと3月下旬に咲き始め

4月初旬に満開になるのでは?

という予想があがっています。

なので、10日頃は、最も見頃に

なるかもしれませんね。

 

京都駅から醍醐寺に行くには?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/daigoji-a1-016031102

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光