*

京都で一番早い桜は長健寺。 一足早く3月に桜を見よう。

   

出典:https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000169

出典:https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000169

 

京都で一番早く春を

感じてみてませんか?

一番早く桜が咲く場所に

行ってみましょう。

 

・京都で一番早く咲く桜は?

京都市で一番最初に

開花するスポットがあります。

それが京都市の伏見区にある

「長健寺(ちょうけんじ)」です。

1699年に創建されたお寺です。

弁財天が有名なお寺として知られています。

普段は見ることができませんが、

毎年元旦から15日間だけ見ることができます。

この弁財天は

「八臂弁財天(はぴべんざいてん)」と呼ばれ、

他の弁財天とは違った特徴があるのです。

八の臂(ひじ)と書かれている様に、

八本の腕を持つ弁財天なのです。

ちょっと、というかかなり変わった

弁財天ですよね。

この弁財天は、音楽や知恵、

延命を司る弁天様と言われています。

音楽が好きな方、

ミュージシャンを目指している方は

訪れてみてはいかがでしょうか。

 

この長健寺には、

参道にソメイヨシノなどが

咲いています。

境内の中にはしだれ桜などが

咲いています。

なんと、この長健寺の桜は

早咲きとして有名で、

3月の中旬頃から咲き始めます。

見頃は例年通りですと

3月の下旬から

4月の上旬頃となります。

オススメの時間帯は

混雑してしまう日中を避けて、

朝方か夕方の頃を狙う。

朝は09:00からなので、

その時間帯を狙ってみては?

夕方の場合は16:00には

拝観終了なので

15:00頃に訪れてみてください。

比較的静かというだけではなく、

朝露に濡れた桜や

夕焼けにうつる桜など

幻想的な姿を見ることが

できますよ。

 - 京都観光