*

京都秋の特別拝観って 何があるの?オススメ2選

   

出典:http://www.chion-in.or.jp/04_meiho/ken/images/img_san_04.jpg

出典:http://www.chion-in.or.jp/04_meiho/ken/images/img_san_04.jpg

 

京都では、秋になるとお寺や

神社で特別公開が行われることがあります。

普段は見られない貴重な部屋や

文化財が見られるとあって人気です。

しかし、あまりにも多くありすぎて

どれを見たらいいのか・・・。

そこで、勝手にオススメを作ってみました。

 

・京都秋の特別拝観オススメ2選

秋の特別拝観では、なんと19カ所の

スポットが特別に公開されます。

その中で、ここは行ってほしい!

というところを3つご案内させていただきます。

まず一つ目は

知恩院三門です。

なんと、知恩院の三門は

日本最大の三門なんです。

知恩院の三門を見たら、

その大きさに圧巻されますよ。

普段は拝観はできないのですが、

10月30日(金)~11月8日(日)の

09:00~16:00までの

間は拝観することができます。

この大きな門は、階段をつたい

上にあがることができます。

その高さは、ビルの4階分くらいあるそうです。

そこから見る東山の景色は最高ですよ。

また三門の中には、特殊な空間が広がっており、

まるで天国にいるかのような光景があります。

特に注目して欲しいのは、

天井にある絵画です。

あまり人が出入りしないので、奇麗なまま残っています。

そこに描かれているのは江戸時代頃に描かれたという

龍の絵が描かれています。

圧倒される大きさでこちらを睨む様は、

圧巻です。

そして、普段、人があまり出入りしないので、

保存状態が大変にいいのです。

だからこそ、鮮明に色も劣化せずに

残っているのです。

是非、ご覧になってみてください。

 

そして次にオススメするのが

東寺の五重塔です。

普段なら、東寺の五重塔は

拝観することはできないのですが、

この期間の間だけ、

中を拝観することができます。

皆さんは、五重塔の外観は知っていますが、

案外、中がどうなっているのか、

分かりませんよね。

この機会に、中がどうなっているのか、

見てみてはいかがでしょうか?

実際、中には何があるのか・・・。

実は、「完成された宇宙」が

あるのです。

この東寺の五重塔の中は、

「立体曼荼羅(りったいまんだら)」という

世界が広がっています。

よく絵画で見る「曼荼羅」を

3Dの世界で表現したのが

立体曼荼羅です。

この中には、完成された宇宙がつまっているのです。

仏様を中心に、世界が完成されているのです。

その中で、注目して欲しいのは、

柱です。

え?ただの柱じゃないの?

と思いますよね。

実は柱のところにも、仏様が

描かれています。

この柱も含めて完成された世界なのです。

1200年前から変わらない姿を

見ることができます。

人があまり出入りしないので、

当時のまま残っています。

色は薄くなっていますが、

色が残っていることが、

とても貴重なのです。

是非、その貴重な平安時代から残っている

色彩も楽しみください。

 

超貴重!唯一の公家建築が見られる機会は

あと1回?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/post-979

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 京都観光