*

京都を観光!女子のひとり旅! ブログに思わず載せたくなる4つのスポット!

   

出典:http://guide.travel.co.jp/article/9667/#photo3

出典:http://guide.travel.co.jp/article/9667/#photo3

 

京都でひとり旅をしよう!

と決意したものの、どこに行こう?

ちょっと珍しいところに

行ってみたいなぁ。

なんて思っていらっしゃる方も

いるのでは?

せっかくですから、ブログに

のせて「おっ、スゴい」なんて

言われるスポットに

行ってみませんか?

 

・どこに行こうかな?珍しいスポット

京都旅行に行って、

どこに行こう?せっかくだから

珍しいものを見たい!

なんて考えますよね。

せっかくなので、京都の中でも

珍しい、面白いスポットをご案内しますね。

黒谷金戒光明寺

まずは、京都左京区にある

「黒谷金戒光明寺(くろたにこんかいこうみょうじ)」

というなんとも、長い名前のお寺です。

実は1175年に創立という長い歴史があるお寺なのです。

なんと、浄土宗をひらいた

「法然(ほうねん)」がこちらに草庵を結んだことに

始まる由緒正しきお寺なのです。

このお寺にあるのが

「アフロの仏様」なんです。

え?アフロ?そんなパリピみたいな仏様が

いるの?

なんて思いおますよね。

この黒谷金戒光明寺にアフロの仏様に

会えるんです。

仏様の頭が顔の二倍はあるかのような

髪の量となっているんです。

超ボリューミー!ふっくらとなっていて

普通の仏様とは違います。

全然違います。

見た目のインパクトが半端ないです。

スゴい面白い!

思わず写真を撮りたくなってしまいます。

でも、どうしてこんなボリューミーな

髪の毛になっているの?

となりますよね。

実は、この仏様はパリピだから

アフロになったのではありません。

きちんと意味があるのです。

黒谷金戒光明寺にいらっしゃるアフロの仏様は

世の中の全てをお救いになるべく、ひたすら修行を

されていらっしゃった。

という設定がされています。

そのため、ずっとつらい修行を続け、一心不乱に

行っていたため、その間髪もきらずいた為に、

髪がこんなにボリューミーになってしまったのです。

しかも、その修行の時間が半端じゃないのです。

なんと48億年。

48億年もの間修行を行っていたそうです。

すっごい長いですよね。

それだけ長ければ髪もアフロになりますよね。

そんなふかーいワケがあるアフロの仏様だったのです。

面白いですよね。

是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

蚕ノ社

お次は京都市右京区にある

「蚕ノ社(かいこのやしろ)」という

神社です。

この神社は長い歴史を持つ神社で、

正式名称は

「木嶋坐天照御魂神社

(このしまにますあまてらすみたまじんじゃ)」

というなんとも長い名前なのです。

え?え?と3回くらい聞き返してしまうくらいに

難しい名前ですね。

こちらの神社の何が珍しく面白いのか。

というのがありますよね。

それは

「三つ鳥居」という鳥居です。

本来、神社にある鳥居といえば

門のように道の間に建っていますよね。

この蚕ノ社では三つの鳥居が

重なって三角形を作っているのです。

そして、中心には石が置かれ、

何やら聖域のような雰囲気があります。

これはいつでも見ることができます。

思わず写真におさめて確認したくなるほど

神秘的な雰囲気があります。

なぜ、このような鳥居を作ったのか。

というのは、謎に包まれています。

一説には、どんな方向からも拝せる様に

作られた。という説や

面白いものでいえば

キリスト教の三位一体を表しているのでは

ないか?

なんていう説まであるそうです。

なんとも不思議ですよね。

昔は、この三つ鳥居の周りには

水が溢れ、水源になっていたそうですが、

現在では、枯れ陸地になっています。

神秘的な三つ鳥居をブログにのせて

驚かせてみてはいかがでしょうか?

 

護王神社

護王神社は京都市上京区にある

神社です。

決して大きくはないですが、

歴史は古く正確な年代は分かっていません。

しかし、平安時代には神護寺にあったそうです。

現在は、上京区の御所の近くにございます。

こちらの神社の珍しいもの、

面白いものというと、

狛犬ならぬ「狛いのしし」が

いらっしゃるのです。

なんとも珍しいですよね。

境内には、ありとあらゆる場所に

いのししがいらっしゃいます。

それにしても、どうしていのししがいらっしゃるのでしょうか?

不思議ですよね。

実は、こちらの護王神社ではご祭神が

「和気清麻呂(わけのきよまろ)」という

神様なのです。

こちらの神様は、平安時代の人物なのですが、

都から違う場所に訪れる際に、

いのししに助けられた過去があります。

そのため、この神社の守護も

いのししに任せよう。

ということになったのでしょう。

ということで境内には、たくさんの

いのししによって守られているのです。

なかなか、狛いのししを見れませんよね。

是非、ご覧になってみてください。

 

ベルアメール

ベルアメールは、有名な

チョコレートショップですよね。

そして、そのベルアメールが

関西の京都に出店したのが2015年のことです。

京都文化博物館の近くに位置しており、

京町屋風の建物になっています。

その中では、とても美味しそうな

チョコやケーキなどが売られています。

ここで珍しいもの・・・面白いものといえば、

なんと1階はチョコを売っているお店

なのですが、2階があり、

そこはカフェとなっております。

そこのカフェでは京都だけでしか

食べられないチョコのスイーツなどが

用意されています。

せっかく京都に訪れたのですから、

見た目も中身も美味しいものを

食べて満足したいですよね。

見た目も美しく、思わず食べるのが

もったいなくなるくらいの

できばえです。

是非、写真におさめて

楽しんでみて下さい。

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光