*

琵琶湖の水を本当に止めたらどうなるの? 琵琶湖疎水停止で滋賀県が沈む?

   

出典:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/momiji/teiten.php?areaid=00000021

出典:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/momiji/teiten.php?areaid=00000021

 

京都と滋賀の冗談で

「琵琶湖疎水の水止めるぞ!」

なんていうものがあります。

京都市の水道は、琵琶湖の水で

まかなわれているので、

滋賀県が怒ったら、

京都への水をとめて、飲めなくしてやる。

という旨なのですが、

なかなかパンチがありますよね。

でも、実際には、されたことがないですし、

今後もないとは思います。

しかし、実際に琵琶湖の水を

止めたら、どうなるのでしょうか?

冗談を本気で検証したのが

話題になっています。

 

・琵琶湖疎水の水をせき止めたら?

琵琶湖疎水をとめて、京都への

水を停止したら、どうなるのか。

京都が干上がって、滋賀が

潤うのでしょうか?

こちらを大真面目に

シュミレーションしてみた。

という方がTwitterで現れました。

この方は、グーグルアースを

使用して、水を止めた時に

どうなるかをシュミレーションしたそうです。

するとどうなるか・・・。

驚きの結果になりました。

琵琶湖疎水などメインの水路を

封鎖。

すると、どうなるか。

じわじわと水位があがり、

琵琶湖から近い都市などは

徐々に水没していきます。

さらに続けて行くと、大津を始め、

多くの市が水没。

もともと盆地なだけにどんどんと水の中に

沈んでしまいます。

京都は水を失い、滋賀県は都市の多くを

失うことになるそうです。

なんとも恐ろしいシミュレーションの

結果ですね。

さて、この京都と滋賀を結ぶ

「琵琶湖疎水」ですが、

明治時代に琵琶湖の水を水道利用するという

事で作られました。

そして、現在でも使われているのです。

それをご覧になることができる場所が

いくつか残されています。

その一つが、

「南禅寺」です。

この南禅寺には、レンガで作られた

「水路閣」というものが

境内を走っており、有名なスポットとして

テレビやドラマ撮影などで

使われてきました。

この水路閣がなぜ、有名になったのか。

というと、この水路閣は、お寺の境内を

流れるということから、

特別に、境内の景観に溶け込むように

デザインされたものなのです。

ですから、しっくりと

西洋であるレンガ造の建築物が、

和風である南禅寺の境内の風景と

解け合っています。

それが、また風流で見るものを

「ワッ」と驚かせているのです。

ちなみに、実際に水路閣の上に登り、

水が流れている場所を見ることができます。

未だに、使われている琵琶湖疎水。

これがあるから、琵琶湖の水が

溢れず、滋賀県も水没せずに

残っているのです。

そう考えると、面白いですよね。

水路閣に登り、せき止めてはいけませんよ!

 - 京都観光