*

粟田口でスペインを体感しよう! え?京都で本格スペイン料理が食べられる?

   

出典:http://karasuma.keizai.biz/headline/photo/2544/

出典:http://karasuma.keizai.biz/headline/photo/2544/

 

京都の郷土料理と言えば、

「京料理」

和食が基本ですよね。

しかし!5月14日と15日。

この日だけは和食だけ食べるのは

もったいないです!

なんと、本格スペイン料理を食べることが

できるんです!

 

・京都でスペイン料理とは?

なぜこの日

5月14日(土)・15日(日)は

和食ではなくスペイン料理なのでしょうか?

京都とスペインというと

あまりつながりがあるように

見えませんよね?

実は、この日、京都の

粟田口では

「スペイン料理祭in kokoka京都市国際交流会館」が

行われるのです。

スペインとの交流を深めるため行われる

イベントで、様々なスペイン料理を

味わうことができるのです。

 

スペイン料理と言えば、

何を思い浮かべますか?

パエリア?スパニッシュオムレツ?

いろいろと想像できますよね。

日本でもいろいろと知られていますが、

一口でスペイン料理と言っても

地域によって様々です。

元々、他民族が

集まってできた国だけに

料理の味もそれぞれです。

例えば、スペインの北東部は

バスク地方と呼ばれ、

豊かな山と海に恵まれ、ソースを

多用する文化圏です。

あさりのワイン蒸しや

たらのバスク風などが有名ですね。

 

中央部では、大陸で海はなく乾いた

大地が広がる地方です。

この地方では、牧畜が主産業であるため、

お肉のローストなどが美味しいと評判です。

子豚の丸焼きなどは、ここの地方が有名で、

若鶏をニンニクで炒めたり、マドリード風コシードなどが

有名です。

 

地中海沿岸にうつれば、豊富な

地中海の魚介類を使った料理が有名です。

ご存知パエリアもこの地方の料理です。

またマヨルカ島のアリオリソースは

マヨネーズの元祖と言われています。

なので、マヨネーズを使った料理も美味しいですよ。

他にも、デザートとして

クレマ・カタラナがあります。

スペイン風クリームブリュレといわれるデザートです。

カスタードクリームを冷やして表面を

飴状に仕上げたものです。

表面のパリっとした食感と濃厚なクリームが

たまりません。

 

そんな豊富なスペイン料理が

地方別に約20ブースに別れそれぞれの

地方の料理を食べ比べすることができます。

また、ビールやワイン、シェリー酒など

その地方独特のアルコールも楽しむことができます。

こちらはなんと、50種類のお酒を

楽しめるそうです。

他にも、フラメンコやサルサなど、

料理だけではなく、文化なども

親しむことができます。

途中で一般参加でもできるようですので、

ちょっと自信がある方は、

飛び入り参加をしてみては

いかがでしょうか?

 

お時間は11:00~18:00の間で

開催されるそうです。

入場は無料なので、

お散歩ついでに

ぐるーっと見て回ってみては

いかがでしょうか?

 

 

本物の道路標識ってどんな感触?

土木についてどれだけ知ってる?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/manga-d1-016042102

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光