*

嵐山で鵜飼を見られる時間は? 失敗しない嵐山の楽しみ方教えます。

   

出典:http://kanko.city.kyoto.lg.jp/feature/ukai.php

出典:http://kanko.city.kyoto.lg.jp/feature/ukai.php

 

嵐山では7月1日(水)~9月23(水)まで

渡月橋の近くで鵜飼が行われます。

夏の風物詩として昔から行われている鵜飼。

何時から見られるの?どれくらいやってるの?

これを知って、絶対に失敗しない

嵐山旅行にしてみてはいかがでしょうか?

 

・時間はいつから?嵐山の鵜飼

嵐山の鵜飼は7月1日(水)~9月23日(水)までの

期間で行われます。

時間は19:00と

20:00の2回です。

9月1日(火)以降は

18:30と19:30の二回になります。

この時間に渡月橋近辺にいれば、

鵜飼を見ることができます。

もちろん無料で拝見することができます。

もし、もっと間近で見たい!

ということでしたら、

乗合船が大人1800円

4歳~12歳までが900円で

船にのって臨場感あふれる鵜飼を

間近で見ることができます。

実際に乗ったら、鵜飼のどこを

見れば楽しめるの?

ということで、次の項目では、

鵜飼のココに注目!というところを

ご案内いたします。

 

・鵜飼のココに注目!

なんと鵜飼の歴史は相当古く、

『日本書紀』には鵜飼ととれる

文章が書かれていたりするそうです。

日本を訪れた中国の使者が

変わった漁法として紹介しているものも

あるそうです。

そして、実は鵜飼が

日本の歴史を変える働きをしたというのを

ご存知ですか?

実は、鎌倉時代

派手に負けた源頼朝が逃げる時、

とある鵜飼の家に入り敵を

やり過ごしていました。

その時に、鵜飼からかくまわれ、

鵜飼のとった鮎で飢えをしのいだと

言われています。

もし、この時の鵜飼が頼朝を

無下に扱っていたら

歴史が変わっていたのかもしれません。

実は、鵜飼は歴史を

動かしていたのかもしれなかったのです。

 

そして鵜飼がとった魚は、

新鮮で美味しいと

言われています。

どうしてでしょうか?

それは、投網などで大量に

魚をとったときに思いがけず、

傷つけてしまう場合があるそうですが、

鵜飼だと、鵜が丸呑みをするのを

取るので、傷がつきにくく、

鮮度が高い漁法なんだそうです。

是非、どれくらい鮮度がいいのか、

食べてみたいですよね。

そんなことを考えながら

鵜飼を見てみると古代のロマンを

感じられたりします。

 

 

観光地先で、

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 嵐山観光