*

嵐山のジンクスは本当? カップルはデート中に渡月橋を渡ってはいけない?

   

IMG_0966

 

嵐山には、ちょっと少し変わった

ジンクスがあります。

そのジンクスは、渡月橋に行く前に

カップルはご覧にならないと

危険かもしれません!

 

・嵐山にカップルが近寄るのは、危険?

嵐山には、年間多くの方が

訪れます。

その中で特に多いな。と思うのが

カップルやデートで訪れる方です。

確かに風光明媚で、観光スポットも

たくさんある嵐山はデートスポットに

ちょうど良いです。

しかし!

そのカップルが嵐山に来ては行けない。

というジンクスがあるのを

ご存知ですか?

カップルは、渡月橋を一緒に渡っては行けない。

渡れば別れてしまう。

というジンクスがあります。

え?本当に?

なんて思ってしまいますよね。

ディズニーランドに一緒に行くと別れてしまう。

井の頭公園のボートに乗ったカップルは別れてしまう。

なんていうジンクスもあります。

それらと同じかも知れませんが、

渡月橋周辺でデートをしよう。

なんて思っているカップルには、

そんな噂あるなら行きたくない。

なんて思ってしまうかもしれません。

このジンクスは本当なのでしょうか?

実は、このジンクスは

まったくの「嘘」です。

いつの間にか広まった噂や

都市伝説と同じお話のようです。

というのも、実は渡月橋には、

このジンクスの元になったお話が

残されているのです。

そのお話の元になったのが

「平安時代」の出来事なのです。

ここには、一組のカップルの

悲恋があったのです。

平安時代末期、

時は、平清盛の全盛期で、

「平家にあらずんば人にあらず」とまで

言われる世界でした。

平家でなければ、権力が無かった時代です。

それは、治天の君であった天皇でさえ、

権力をほぼ持つことが出来なかった事からも

伺えます。

そんな当時の高倉天皇にも

好きな人、恋人ができます。

それが、「小督の局」と呼ばれる女性でした。

彼と小督の局は惹かれ合い

愛し合っていましたが、それを阻止したのが、

平清盛でした。

彼は、二人の仲を引き裂き、

小督の局を嵐山に追いやってしまいます。

治天の君とはいえ、自由に恋愛することが

出来なかったのです。

しかし、これであきらめません。

高倉天皇は、小督の局と再び会う為に、

使いを嵐山に送ります。

そして、ついに渡月橋のほとりで、

再開を果たすのです。

これが、このジンクスの元になった

お話です。

あれ?これハッピーエンドなんじゃないの?

と思いますよね。

実は、このお話には続きがあり、

再び再開できたのですが、

やはり、どうしてもバレてしまうものです。

こうして再び平清盛に事の発端が

発覚し、二度と会うことが

できなかったそうです。

二度も引き裂かれた恋人。

これが悲恋のお話なのです。

そんなお話から尾ひれがつき、

こんなジンクスになった。と推察されます。

なので、このジンクスは

平安時代末期から続くジンクスなの

かもしれません。

なので、気にしないで

たっぷりと嵐山のデートを

楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

今、京都でもアツいスポット相国寺とは?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/shoukoku-r1-016121502

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 嵐山観光