*

2016年11月8日火曜日の 嵐山の紅葉の様子は?京都の名所の色づきは?

      2017/09/22

image1

 

京都の嵐山といえば、紅葉の名所として

昔から知られています。

その様子は、江戸時代から書物などに描かれ、

『都名所図会』などでも嵐山の様子が

描かれています。

さて、そんな嵐山の今年の

紅葉の様子はどうなのでしょうか?

 

・嵐山の紅葉の様子は?

嵐山の紅葉は現在どうなっているのでしょうか?

今朝撮った写真をご覧ください。

少しずつ赤くなりはじめ、そろそろ

紅葉のシーズンになってきた。

という予感を感じさせます。

こうした青と赤のコントラストも

素敵ですよね。

早熟な感じがお好きな方は、

是非、今の時期に嵐山に

お越しになってみては

いかがでしょうか?

そして、紅葉の写真を

渡月橋などから撮ってみてください。

きっと良い写真が撮れますよ。

さて・・・写真を撮り終わったら・・・。

どこに行こう?

なんて思いませんか?

 

そこで、他にもここがオススメ!

というスポットを

ご案内致します。

それは

「嵯峨鳥居本」という

スポットです。

実はここは、一回行くだけで

二度おいしいスポットなのです。

ここ嵯峨鳥居本は

伝統的な家が残る地区になっています。

祇王寺や清凉寺の奥に位置しており、

山が目の前に広がっています。

鳥居本の特徴は、

瓦屋根の民家と茅葺きの農家の建物が

並ぶ二つの風景が共存する

珍しい地区なのです。

なので、一度行けば、

二度おいしいスポットなのです。

瓦屋根の家は、京都らしい雰囲気があり、

茅葺きは田舎の家を思わせ、

落ち着きがありますよね。

そして嵯峨鳥居本で

観光をするなら、オススメは

「平野屋」というお店です。

へェ~。どんなところ?

こちらの「平野屋」さんは

なんと、400年も続く

超老舗なお店なんです。

そんな400年も続くお店は、

茅葺きでとても落ち着く佇まいです。

歴史を感じながら、頂きたいのが、

「しんこ餅」というお餅です。

このお餅は二種類の色のお餅が

一口大にひねられており、

そこにたっぷりときな粉が

かけられていて、見た目にも

味でも美味しそうです。

このお餅は、嵯峨鳥居本の先にある

愛宕神社にお参りする方が

よく食されていたと良い、

山に登る前の景気付けや、

エネルギーチャージみたいな

ものだったのでしょうね。

そんな昔から愛されていた

しんこ餅を紅葉とともに

食されてみてはいかがでしょうか?

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 嵐山観光, 紅葉