*

嵐山の紅葉を見る為に混雑対策しませんか? 混雑を避ける3つの方法。

   

 

 

嵐山といえば、紅葉が昔から有名ですよね。現在でも有名で毎年秋になると大変混雑しますね。それは、毎年見ているのでどれだけ混雑するのかが分かります。これは地元で営業させていただいているおかげですね。

 

 

 

なので、嵐山の紅葉をご覧になる時に混雑するのはイヤだ!という方のために混雑を避ける方法をお伝えしていきたいと思います。せっかくなら混雑せずにご覧になりたいものですよね。

 

 

 

・嵐山の紅葉の混雑を避けるのは?

混雑を避けるには3つの方法があります。その方法とは

 

 

 

・朝の早い時間帯に行くこと。

・静かに巡るスポットを知ること。

・公共交通機関を使うこと。

 

 

 

この3つになります。それぞれ一つずつご案内させていただきますね。

 

 

 

・嵐山の紅葉で混雑を避ける方法1つめ。

一つ目は早い時間帯に行くこと。ということですが、これは分かりやすいですよね。混雑する時間を避けてゆっくりと観光するということですね。また、車でお越しになられる方も有効な方法です。なぜかというと・・・

 

 

 

嵐山のシンボルである渡月橋がこの期間だけ片道の一方通行になるんです。なのでとても渋滞するんですね。なので、そうした混雑を避けるためにも、朝の早い時間帯に観光していただくというのは、有効な方法です。

 

 

 

また、朝は朝露があって紅葉もすこししっとりしていたりして、味わい深い雰囲気をかもしだしています。そうした趣を見ることができるというのも、この朝に観光するというメリットですよね。朝しか楽しめないものはたくさんあります。

 

 

 

他にも、朝もやの中で桂川が少しもやがかった光景というのも、朝に観光に来られた方の特権かもしれません。もやがかかっていてさらに紅葉もしているという非常にフォトジェニックな光景に嵐山なら出会えます!

 

 

 

混雑も避けられて、非常に良い選択肢になるのではないでしょうか?朝を爽やかに過ごして見るのはいかがでしょうか?

 

 

 

・嵐山の紅葉を見るのに混雑を避ける方法2つめ

それは、静かに巡れるスポットを知ることです。というのも、渡月橋近辺などはとても混雑しますが、きちんとスポットを選べば、日中や人がたくさんいらっしゃる時間帯でもゆったりと拝観することができます。

 

 

 

もちろん、そのスポットを知らないと行けないので、今回は2スポットご案内していおきたいと思います。

 

 

 

まず、ご案内したいのは「祇王寺(ぎおうじ)」というお寺です。こちらのお寺は、嵐山から少し離れた場所にあります。小さな庵ではありますが、紅葉をたっぷりと楽しめるお寺となっています。大きな見どころはお庭です。こちらのお庭の地面は苔に覆われているのが特徴で、そこに紅葉があるので、緑の苔の上に真っ赤な葉が落ちているというとっても素敵なスポットなんです。

 

 

すごくフォトジェニックな光景に出会えます。さらにここではゆっくりと人に流されずに拝観できるので、自分のペースで観光することができます。これは紅葉シーズン中には結構難しいんですよね。人に流されたり、後がつかえていると思って、そそくさと早めにまわってみたりと大変ですよね。でも、ここのスポットなら、ゆっくりと自分のペースで拝観することができるので楽ですよ。

 

 

 

さて、お次にご案内したいのは「鹿王院(ろくおういん)」というお寺です。こちらは嵐電で2駅ほどです。「鹿王院駅」という駅があるので、とても分かりやすいかと思います。おおよそ5分もかからずにたどり着くことができます。それだけしか離れていないのに、ゆっくりと拝観できるお寺があるんです。

 

 

 

ここは、室町時代に権勢を誇っていた「足利家」ととても強い結びつきがあるお寺なんです。ある日夢枕で「今年中に大変な大病をわずらう予定であるが、菩薩を祀る伽藍を建立すれば、寿命が伸びるであろう」という予言をされたそうです。

 

 

 

そこで、足利義満はこの地にお寺を建てて、無事に寿命を延ばしたそうです。それから時がたち応仁の乱で廃絶し、そこのお寺の一つであった「鹿王院」だけが残ったんだそうです。その為、室町時代の文化を色濃く残したお寺が誕生したんです。

 

 

 

やはり、四季を大切にしつつ禅を取り入れたお庭が魅力です。こちらも紅葉が奇麗なことで有名で、三門から石畳に展開する紅葉がとても美しいと評判なんだそうです。あまりざわざわとうるさくないので、ゆっくりと秋の紅葉を楽しめるというのが魅力の一つですね。

 

 

京都の秋をじっくりと味わえるのに、嵐山からほとんど離れていないというのがいいですね。ゆっくりと過ごした後は、再び賑やかな嵐山に繰り出してみるのも良いかもしれません。にぎわった中の紅葉もまた違った発見があるかもしれませんしね。

 

 

 

・嵐山の紅葉で混雑を避ける方法3つめ

さて、最後の3つめですが、これは「公共交通機関を使うこと」ということです。バスやタクシー、電車などをうまくご利用してください。というのも、先ほど申しましたように自家用車で嵐山にお越しになられると、近隣にたくさん駐車場があるわけではないので、毎年駐車場が満車になり、入れない車で渋滞の列をつくることが毎年恒例になっています。

 

 

渋滞したままでは、存分に紅葉を楽しめるものではないので、公共交通機関を利用して嵐山にお越しになれるのが良いかと思います。車でお越しになれた方では、一時間待ちやそれ以上待ったという方もいるそうです。

 

 

 

嵐山がもうすぐそばにあるのに、そこから一時間も車の中というのももったいないですし、時間がもったいないですよね。それならば公共交通機関でお越しになれてみてはいかがでしょうか?紅葉の時期になりますと、パークアンドライドというものが実施され、少し離れたところで車を駐車されて、そこからお越しになるという取り組みが実施されています。

 

 

詳しくはこちらにあるので、参考までにご覧になってください。

URL:http://www2.city.kyoto.lg.jp/tokei/trafficpolicy/kankochi/

 

 

 

 - 嵐山観光, 紅葉