*

嵐山の紅葉する時期は?ピークは週末? 2016年11月17日(木曜日)の様子は?

      2017/09/22

image1-1

 

11月も中旬となってきました。

気になるのは、紅葉の赤くなり具合ですよね。

そろそろ赤くなったかな?と

気になってきますよね。

さて、嵐山はどうなっているでしょうか?

 

・嵐山の紅葉の様子は?

11月17日(木)の嵐山の様子は

かなり色づき、最盛期といっても良いほどに

奇麗な景色となっています。

ここから予測ではありますが、

2週間ほど見頃が続くと思われます。

ですから、今週から来週にかけて

紅葉をたっぷりと楽しむことができそうですね。

渡月橋から嵐山をご覧になったら、

次、どうしよう?

ってなりませんか?

そんな方の為に

紅葉をたっぷりと堪能できるスポットを、

ご案内いたします。

一つ目は、

「二尊院(にそんいん)」です。

こちらは、嵐山にある小倉山の

中腹にあるお寺で、

秋には

「紅葉の馬場」と呼ばれる

スポットがあり、そこが

特に有名です。

二尊院に続くまでの参道

150mの両脇に紅葉があり、

まるで紅葉のトンネルの中を

くぐるかのような体験を

楽しむことができます。

この光景は

「そうだ、京都いこう」でも

取り上げられており、

あっ、見た事あるかも。

という方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、こちらのお寺は、現在

改修工事中となっており、本堂は

拝観することができません。

お気をつけ下さい。

ただ、二尊院の紅葉の馬場は

必見です。是非ご覧になってみてください。

もう一つは「常寂光寺」です。

常寂光寺(じょうじゃくこうじ)は

あまねく光で仏の教えが行き渡る場所を

「寂光土(じゃっこうど)」といい

その言葉から取られており、

仏教の理想の世界とも言われています。

その名の通り、秋には

山々が紅葉をしており、まさに理想郷のような

光景をご覧になることができるのです。

山が赤く染まり、床は赤い絨毯のように

敷き詰められるような、

そんなあっ、と驚くような

秋がそこにはあるのです。

また、常寂光寺も小倉山の中腹に位置しており、

市内を一望できるのです。

紅葉もたくさんご覧になることができます。

さらに、市内の絶景も楽しむことが

できるのです。

紅葉と絶景、

両方をご覧になりたい方は

常寂光寺へ訪れてみては

いかがでしょうか?

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 嵐山観光, 紅葉