*

嵐山の穴場カフェはここだ! 銭湯でお茶ができる不思議スポット

   

スクリーンショット 2015-10-26 16.37.34

 

観光して疲れたら、カフェで

休憩しながら、お茶を飲む。

そんな素敵な観光の仕方もあります。

嵐山にも穴場で面白い

カフェがあります。

 

・嵐山の穴場カフェとは?

嵐山にJR嵯峨嵐山駅降りて北口の方へ

おりてまっすぐ行くと左手に見えてくるのが

そのカフェです。

「嵯峨野湯」というカフェです。

え?湯?と思いますよね。

実は、この名前は、もともと建っていた建物の

名前をもじっているそうです。

そう、もともとこの建物は、銭湯だったのです。

それを、町家風に改装してカフェにしたそうです。

元銭湯でカフェができるなんて

ちょっと不思議ですよね。

ここでは、タイル張りのままの部屋や、

たくさん並ぶ蛇口など、元銭湯の名残を

色濃く残してカフェにしているので、

ちょっと変わっていて面白いです。

このカフェが力を入れているのは、

そうした雰囲気だけではありません。

なんと「お土産」にも力を入れているそうです。

自分たちが楽しむだけでなく、

お土産で、待ってる人たちも楽しませてくれます。

もしかしたら、お土産を他で買う

手間もはぶけるかもしれません。

 

そして、京都は実は銭湯が日本で一番多い土地。

ということをご存知でしたか?

嵯峨野湯を代表する様に京都には

今でも、たくさんの銭湯が立ち並んでいます。

中には、重要文化財に指定されている

銭湯もあります。

それが「船岡温泉」です。

大徳寺の近くにあるこの銭湯は、

彫刻やタイルなど、貴重な文化財が

未だに残り、それらを見ながら

湯船につかることができます。

なんとも面白いですよね。

それが、410円で入れるというのですから、

京都の銭湯文化もスゴいですよね。

銭湯でお茶をしたいなら、

嵯峨野湯に

銭湯で重要文化財など貴重なものを見たい方は

船岡温泉に行ってみては

いかがでしょうか?

 - 嵐山観光