*

三十三間堂と平清盛の関係は? 結びつけるのは「頭痛」?

   

出典:http://sanjusangendo.jp/r_1.html

出典:http://sanjusangendo.jp/r_1.html

 

京都の三十三間堂と言えば、

京都の目玉観光スポットとも

言えるほど、魅力的なお寺ですよね。

修学旅行や、ツアーで訪れたことがある。

なんて方も多いのでは?

そんな三十三間堂の知られざる秘密とは?

 

・何の為に三十三間堂は作られた?

三十三間堂は、その昔、

権勢を誇っていた平清盛が

造ったと言われています。

それには当時の天皇が関係していたのです。

当時の天皇は「後白河天皇」です。

彼は、とても大きな権力を持ち、

何でも思い通りにできると言われていました。

そんな後白河天皇でしたが、

どうしても解決できない悩みがありました。

それが「頭痛」です。

頭が痛くなって痛くなって仕方なかったのです。

ある時、夢のお告げが・・・

それによると「あなたは蓮華坊(れんげぼう)と呼ばれる

僧侶の生まれ変わりです。しかし、その蓮華坊の

亡がらが富田川にあり、その亡がらに木が貫いているので

頭が痛むのだ」

というものでした。

早速調べてみると、富田川に木に貫かれた

亡がらがありました。

これを取除き、平清盛にお寺を造らせて

そこに亡がらの菩提を弔うようにしました。

すると嘘の様に頭痛がとれたと言われています。

なので、三十三間堂の正式名称である

「蓮華王院(れんげおういん)」というのは

後白河天皇の生まれ変わりであった

蓮華坊からつけられたと言われています。

現在、三十三間堂では、頭痛に悩まされる方が

訪れると、頭痛が治ると言われており、

頭痛封じに効果があると、たくさんの方が

訪れているそうです。

頭痛に効くのには、こんなエピソードがあったんですね。

 

成人式の三十三間堂の恒例イベントといえば!

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/33gendo-t1-015121701

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光